知らないと怖い!現金化の利用でカードの利用停止になった実例を公開!

現金化の利用でカードの利用停止になった実例

即日資金調達ができる金策といえばクレジットカードのショッピング枠が浮かびます。

お金を用立てたくても消費者金融の借入はすぐにできる訳ではありませんので、カード現金化を利用する人は増えてきました。

消費者金融では審査があり、お金を借りることができたとしても年収の3分の1を超過した借入はできません。

クレジット現金化は審査も不要でカードのショッピング枠残高さえあれば誰でもできるのです。

しかし、クレジット信販会社はカードのショッピング枠を換金目的に使うことを許していません。

つまり、ショッピング枠現金化はカード会社の利用規約違反となる訳です。

モラルに欠けるかもしれませんが、クレジット会社にカードのショッピング枠を使ってお金を用立てていることがバレなければ何度でも利用することができます。

その代わり、クレジット現金化をしたことがカード会社に発覚した場合はそれなりのペナルティを受けることになるのです。

お持ちのクレジットカードは強制解約をされ、使用したショッピング枠の支払いを一括請求されることになります。

しかし、現金化をすることをカード会社に自ら口外する人なんているはずがありません。

では、どんな状況でクレジット現金化をするとカードが使えなくなってしまうのでしょうか?

知らないと怖い!現金化の利用でカードの利用停止になった実例を公開したいと思います。

現金化をするとカードが利用停止になる恐れがある

現金化の利用でカードの利用停止になった実例
現代社会ではクレジットカードをお持ちの方は大勢います。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が付帯されており、それぞれ使える限度額は信販会社によって決められています。

カードを発行してから使用期間が長く滞ることなく返済している方ですとショッピング枠やキャッシング枠の額面が上がるのです。

但し、キャッシング枠は付帯されていない人も多くクレジットカードで借入をすることができない人もいるでしょう。

そういったときに画期的なのがカードのショッピング枠を使った現金化です。

ショッピング枠は買い物や飲食店などクレジット加盟店であればどこでも使用することができます。

また、現金化業者と契約を交わすことがお金を工面することが可能です。

しかし、ショッピング枠現金化をするとカードが利用停止になる恐れがあります。

クレジット会社の利用規約違反

現金化の利用でカードの利用停止になった実例
先程も述べましたが、クレジットカードのショッピング枠は買い物や飲食店などで現金がないときに代金の支払いを立替えることが可能です。

代金の支払いはクレジット会社が代りに支払っているだけですので、使用したショッピング枠分は後日期日通りに返済をしなければいけません。

カード会社はショッピング枠の使用目的は物を買うときなど以外には許していないのです。

つまり、クレジットカードのショッピング枠を使ってお金を手に入れることを許可していません。

カードのショッピング枠を換金目的にしようすることはクレジット会社の利用規約違反をしていることになります。

現金化はしてはいけない規定を破ってお金を手に入れている訳ですからカード会社に発覚してしまいますとそれなりの処罰を下されるのです。

お持ちのクレジットカードの所有権はなくなり、今まで現金化に関係なく使用したショッピング枠の支払い残高を一括請求されることになるでしょう。

しかし、厳しい制裁があるということが分かっている人もいるのにカードのショッピング枠を使って現金化をするのでしょうか?

不適切な回答になってしまいますが、現金化をすること自体いけないことだと分かってはいても、クレジットカード会社にさえバレなければ問題がありません。

但し、現金化の仕方によってはクレジット信販会社にショッピング枠をお金に換えようとしていることが悟られてしまいます。

では、どういう現金化のやり方ですとカード会社にバレてしまうのでしょうか?

現金化をしてカードが利用停止になった実例

現金化の利用でカードの利用停止になった実例
クレジットカード現金化は業者によって取引方法がさまざまとなっています。

その取引の仕方によってクレジット会社に現金化をしたことが隠せない状況に追いやられた人は大勢いるでしょう。

ショッピング枠現金化は買取方式とキャッシュバック方式がありますが、それぞれの取引方法でクレカが台無しになってしまった理由があります。

現金化をしてカードが利用停止になった実例を公開しましょう。

高額決済を一度にしてしまったためカードが利用停止になった

現金化の利用でカードの利用停止になった実例
カードの現金化で最も早くお金を手に入れる手段はキャッシュバック方式です。

キャッシュバック方式は現金化業者が導入している端末でクレジット決済を行いカード会社が認証した時点で銀行口座にお金が振込まれます。

現金化をしたい人の使用するショッピング枠はそれぞれ違いますが、まとまった額面が必要の場合はそれなりの決済をしなくてはいけません。

しかし、高額決済を一度にしてしまったためカードが利用停止になった人がいます。

クレジット信販会社は巨額のショッピング枠を使おうとしている人に対しては現金化目的か第三者の不正利用と見ることがあるのです。

また、現金化業者の端末が海外を通したことになるので決済を認めないというだけでなくお金目当てにショッピング枠を使っている人だと決めつけられてしまうことがあります。

もし、まとまった額面が欲しいなら決済金額を分けて手続きを行うと成功するでしょう。

三井住友銀行のカードで決済をしたため利用停止になった

現金化の利用でカードの利用停止になった実例
皆さんがお持ちのクレジットカードのブランドは異なりますが、VISAやMASTERあるいはJCBの3種類が多いかと思われます。

その中には三井住友銀行が提携しているクレカをお持ちの方もいるでしょう。

しかし、三井住友銀行のカードで現金化をするときは安全面を考慮してくれる業者との契約をオススメします。

三井住友銀行関連のクレジットカードでは現金化をすることは危険と隣り合わせなのです。

このカードを取り締まっている会社は非常に使い方によって敏感に反応しますので、現金化業者の端末で決済することに関しては認証しないことが多々あります。

三井住友銀行のカードで決済をしたため利用停止になった人は大勢いるのです。

但し、一度に決済する額面を8万円以下にしますと認証される可能性が高くなります。

新幹線の回数券で現金化を考えたためカードが利用停止になった

現金化の利用でカードの利用停止になった実例
カード現金化の原点は新幹線の回数券を換金することにより買取代金を受取る方法でした。

しかし、あちらこちらでクレジットカードで新幹線の乗車券を購入する人が増えたため信販会社が不信感を抱き始めたのです。

新幹線の切符は換金性の高いので現金化業者だけでなく金券ショップなどでは大変高値で売ることができます。

クレジット会社はショッピング枠を使って現金を手に入れようとしている人を阻むため、換金目的ではない人であっても新幹線の乗車券をカードで買うことは滅多なことでは許可しなくなりました。

そのため、新幹線の回数券で現金化を考えたためカードが利用停止になった方は何人もいます。

現金化のやり方次第でカードは利用停止になりづらい

現金化の利用でカードの利用停止になった実例
以上が、現金化の利用でカードの利用停止になったケースになりますので気をつけてください。

現金化業者は契約の際にクレカに支障が出ることになったとしても何も手助けはしてくれません。

すべてはクレジットカードを所有している人の責任なのです。

現金化のやり方次第でカードは利用停止になりづらいので、まずは取引業者を誤らないことが先決となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。