現金化の利用でカードの利用停止と強制解約が一番怖い!そうならない為の秘策とは

現金化の利用でカードの利用停止と強制解約が一番怖い!

大変利便性のある資金調達法といえばクレジットカードのショッピング枠を使った現金化でしょう。

カード現金化はネット手続きができるようになりましたので、以前のように店頭まで伺って取引をしなくてもお金を手配できるようになったのです。

店舗型とネット型どちらでやり取りするのかは利用者次第となりますが、どんなことがあっても悪質店と遭遇しないことを心掛けなくてはいけません。

しかし、クレジット現金化ではもっと気を付けなければいけないことがあります。

ショッピング枠現金化の利用で最も恐ろしいのはカードの利用停止と強制解約ですが、そうならない為の秘策をお教えしましょう。

悪質現金化業者の遭遇よりも怖いものがある

現金化の利用でカードの利用停止と強制解約が一番怖い!
クレジットカードのショッピング枠現金化はグレーゾーンの領域に入る資金調達法となっており、さまざまな問題が生じております。

今となってはクレジット現金化の需要は多く昔と違って店舗数も増加されたのですが、悪質店も紛れるようになりましたので利用検討者は取引業者の選定に余念がありません。

クレジット現金化の悪質業者と取引をしてしまったため、お金が振り込まれなかったりカード情報を詐取され不正利用されてしまった被害者は大勢います。

しかし、クレジットカード現金化では悪質業者の遭遇よりも怖いものがあるのです。

悪質現金化業者に出くわすことになったとしても優良店を見定めることができれば何も恐れることはありません。

カードの利用停止と強制解約の方が怖い

現金化の利用でカードの利用停止と強制解約が一番怖い!
クレジットカードにはそれぞれショッピング枠とキャッシング枠が付帯されています。

それぞれ呼び名の通り、ショッピング枠は買い物や飲食店などの会計時に使用することができ、キャッシング枠は借入ができるのです。

中には、キャッシング枠だけが付属されていないカードをお持ちの方もいます。

そういった事情のクレジットカードをお持ちの人がショッピング枠を使って資金調達をしているのでしょう。

先程も述べましたが、カードのショッピング枠は物を買うときや飲食を済まされた後の会計の際に使うことができますが、現金を目当てに使用することは許されていません。

クレジット信販会社はショッピング枠を現金化目的に使うことは許可していないのです。

つまり、クレジットカードのショッピング枠現金化は信販会社の利用規約違反となります。

カードのショッピング枠を使って現金化をしたことがバレてしまった人に対してクレジット信販会社は容赦しません。

今までに使ったショッピング枠の支払い残高を一括請求し早急に返済を促します。

それだけでなく、お持ちのクレジットカードは今後一切使えなくなりますし、強制的に登録名簿から抹消されるのです。

クレジット現金化では悪質店に鉢合わせするよりも、カードの利用停止と強制解約の方が恐ろしいと言えます。

利用停止と強制解約にならない秘策

現金化の利用でカードの利用停止と強制解約が一番怖い!
ショッピング枠を使って現金化をしたことさえ信販会社に発覚さえしなければ、カードを使い続けることができ持っていられる訳です。

どうして、現金化をした人はクレジット会社にショッピング枠をお金にしようと企んでいたことがバレてしまったのでしょうか?

自ら、信販会社にショッピング枠をお金に替えたと口外する人はいないでしょう。

果たして、何が原因でカードが利用停止になり強制解約をさせられる羽目になるのか分からないと、今後も現金化をするのが恐ろしくなります。

では、クレジットカードが利用停止と強制解約とならない秘策をお教えしましょう。

キャッシュバック方式の現金化業者と契約しない

現金化の利用でカードの利用停止と強制解約が一番怖い!
昔からあるクレジットカード現金化サービスですが、今のようにキャッシュバック方式はありませんでした。

また、来店型の買取方式しかなかったので店頭取引でしか資金調達することができなかったのです。

現在は、キャッシュバック方式が新たに導入されネットで業者とやり取りができるので店舗まで出向く必要がなくなりました。

お金の受け渡しも銀行振込となりますので、一般銀行であれば平日15時までであれば即日入金がしてもらえます。

午後3時を過ぎたとしても、ネットバンクの口座をお持ちの方であれば当日反映送金をしてもらえるので、キャッシュバック方式は利便性のある方法と言えるでしょう。

しかし、キャッシュバック方式の現金化業者との契約は海外端末での決済をするためカードが利用停止になりやすく強制解約と追いやられる可能性があります。

クレジット信販会社は海外決済に関して現金化目的のショッピングと勝手に断定してしまうのです。

使用されるカードによっては信販会社に問い合わせをしても疑いが晴れずに使用できなくなり強制退会を命じられてしまうことがあります。

キャッシュバック方式の現金化業者と契約はしない方が良いかもしれません。

銀行が発行元のカードでは現金化はしない

現金化の利用でカードの利用停止と強制解約が一番怖い!
ショッピング枠現金化は取引方法だけでなく使用するクレジットカードのブランドによっても、使えなくなったり所有権を剥奪される可能性があります。

みなさんがお持ちのクレカにはVisaなどの銘柄だけでなく種類もあります。

例えば、セディナのMasterやティープラスのJCBというようにカードブランドの前に書かれているのが種類です。

中でも、銀行が発行元のクレジットカードでは現金化はしない方が良いでしょう。

特に、三井住友銀行のカードで現金化をしようとしたので利用停止になり強制解約をさせられた人は大勢います。

三井住友銀行関連のクレカは番号が4980から始まるのですが、海外決済をするのは非常に危険ですので現金化を考えるならブランド品などを購入し大黒屋に転売するのが良いでしょう。

換金性の高い品物には新幹線の回数券も含まれますが、クレジット決済で手に入れるのは危険を伴いますので止めた方が良いです。

現金化は決済事情に詳しい業者と取引すること

現金化の利用でカードの利用停止と強制解約が一番怖い!
現金化業者は利用検討者から申込依頼されればありがたく受入れてくれるでしょう。

しかし、契約さえ交わしてしまえばアフターケアをしない現金化業者ばかりで、使用するクレジットカードに何かトラブルが起きたとしても助けてくれません。

先程述べた「利用停止と強制解約にならない秘策」の2項目はカード現金化をするときに把握しておくことです。

この2点さえ理解しておけば、クレジットカード現金化でお金を用立てるときは何事もなく無事に資金調達することができるでしょう。

とはいえ、業者の方がクレジットカード現金化に関しては少なからず詳しいはずです。

カード現金化は決済事情に詳しい業者と取引することで利用停止や強制解約を避けることができるでしょう。

まず、クレジット現金化をする前はカードの安全面を第一に考えてくれている店舗を電話問い合わせで探し出すことです。

数件で見つけ出せるかもしれませんし相当な電話回数になるかもしれませんが、カード現金化は安全面を考慮してくれる業者と契約しませんと最悪なことに成りかねます。

当サイトは、クレジットカードのショッピング枠現金化の初心者から経験者まで誰にでも分かりやすく奥深い情報を提供していきます。

現金化をしたことがない方や利用したことがある人も安心して取引をしてもらえるように、今後も安全面に関してはできるだけ早く情報を更新しますので常にチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。