実際のところどうなの?店舗型とインターネット型、利用するならどちらが安全?

現金化は店舗型とWEB専門店ならどちらが安全

クレジットカード現金化の店舗型とは?

ネット型と店舗型ならどっち?
クレジットカードの現金化という方法が近年ではその存在感をましています。このクレジットカードの現金化という方法は、カードのショッピング枠を現金にする方法となっており、カードを持っている人であれば誰でも利用することが出来るためとても便利な方法として人気も上昇してきています。

基本的にはクレジットカード現金化に関してはインターネットを通じて現金化を行うことが多いのですが、実はカード現金化の歴史は古く実店舗を持ちカード現金化を行っている業者もあります。

このような業者のことをクレジットカード現金化のの店舗型と呼び、実際の店舗を構えて営業をしているためその存在が明確に分かりますし、昔からその場所に店を構えているので安心感もあります。基本的には店舗型の場合は買い取りでの現金化を行う業者がほとんどで、分かり易く言えば質屋のような存在であると考えると良いでしょう。

店舗型とインターネット専門店の違い

店舗型とインターネット専門店の違い
クレジットカード現金化の店舗型とインターネット専門店の違いを考えた場合、店舗型に関してはその場所での営業を余儀なくされるためある程度利用する顧客も限られており営業スタイルも商品や金券、新幹線の回数券といったものを買い取りお金を渡すというスタイルとなります。

しかしインターネット専門店の場合はキャッシュバック方式という方式や店舗型と同じような買い取り方式のお店、そしてamazonギフト券を専門で買取りしているような専門店に分けることが出来ます。

営業スタイルの違いだけではなく基本的な対象とする顧客にも違いがあり、インターネットの場合は何処からでも利用できるため相手にしている顧客は全国全てが対照となりますし、時間に関しても基本的には24時間365日何時でも受付が可能となっています。

インターネットの場合は時と場所を選ばないという大きなメリットがありますし、利用に関しても誰にも知られること無くクレジットカードの現金化を行うことが出来ます。ただしインターネットでの営業を行っている現金化業者の場合、店舗型の業者とは異なりその存在が実際には確認することが出来ないという大きなデメリットがあります。

そのため玉石混合とも言える状態の中から自分で安全であろう現金化業者を選択する必要もあります。これは利用者にとっては単なるデメリットであるだけではなく、悪徳業者をチョイスしてしまうと大きなトラブルに巻き込まれる危険性があることを示していると共に、インターネットを介したクレジットカード現金化の安全性が確立されていない証拠でもあります。

確かにインターネットを通じたクレジットカード現金化は非常に便利ですし、その日の内に自宅に居ながらでも現金化をすばやく行うことも出来ます。そのため利用するのに関しては便利であるというメリットばかりが先行してしまい危険と隣り合わせであるというデメリットに気づき難いという問題もあります。そのため店舗型とインターネットでは同じ現金化でも大きな違いが有ると考えたほうが良いでしょう。

店舗型のメリットとデメリット

店舗型のメリットとデメリット
店舗型を利用したクレジットカード現金化ですが、一見インターネットの業者を利用するよりもメリットが無いように見えます。しかし実際にそこに店舗があるということは業者が突然居なくなるというリスクが無いということを示していると共に、その場所での営業が続いているということは利用者が継続的に居るという証拠でもあります。

そのためクレジットカード現金化を行う場合の安心感にも繋がります。店舗型での現金化の方法としては基本的には買取型での現金化を行うことになるため、換金率の高い商品や金券などを購入してそのお店に持ち込み現金を得るという方法となります。

多くの店舗型の業者では買い取りする商品を指定している場合も多く、特に新幹線回数券の買い取りを強化していることが多いのも特徴です。この新幹線回数券は現金化を行う利用者にも大きなメリットがあり、新幹線回数券は換金率が非常に高いのが特徴のため購入した金額の大半を現金に変えることが可能になります。

一般的なインターネットでのキャッシュバック方式や買い取り方式の場合、店舗型の買い取り方式とは異なり高い手数料の支払いが必要となっています。例えばキャッシュバック方式の場合は約20~30%の手数料の支払いが必要ですし、買取型の場合も同じく買い取り手数料として20%程度の手数料を差し引かれます。

そのため10万円現金化してもそのうちの2~3万円は手数料として業者側に差し引かれてしまいます。しかし店舗型で新幹線回数券や金券の類を買取りしてもらった場合、その換金率は90%以上となり、高い店舗の場合は95%以上での買い取りも行っています。

そのためインターネットを利用してのキャッシュバック方式や買い取り方式よりも大幅に手にすることが出来る金額が増えることになります。それとこれも店舗型ならではのメリットですが、買い取りをしてもらった場合その場ですぐに現金で買い取り金額を受け取れるので、スピーディな現金化が行える点も魅力です。

では店舗型のデメリットは無いのかといえば、やはり店舗だからこそのデメリットも存在しており、まずは店舗がある場所まで行かなければクレジットカードの現金化が行えない点です。

もし店舗までの道のりが長ければ交通費なども必要になりますし、時間もかかるという問題があります。それと営業時間も決まっているためインターネットのように24時間365日いつでも利用可能ということはありません。

運が悪ければ臨時休業ということもあるでしょうし、せっかく店舗まで行ったのに営業時間に間に合わなかったということも考えられます。そのため利便性の面に関してはどうしてもインターネットでの営業をしている現金化業者には劣るという点がデメリットとなります。

店舗型でもリスクは伴います

店舗型でもリスクは伴います
店舗型の場合はその場ですぐに現金化を行えますし、店舗があるためお店の安全性や危険性が低いのは魅力だと言えます。店舗型を利用する場合にも古物商の登録をしていれば問題が生じることがありませんが、リスクとなるのはその買い取り商品を購入する際のリスクです。店舗型で買い取りを行っているものは金券や新幹線回数券といった非常に換金性の高いもののみですが、これらの商品は基本的にはクレジットカードの利用規約上では購入が禁止されています。

そのため店舗型の利用が安全だしお店では新幹線回数券などの買い取りを強化しているからと頻繁に回数券などを購入したり、一度にありえない枚数の回数券を購入して店舗で買い取りを利用した場合には、その行為が新幹線回数券販売窓口からカード会社に通報されることもありますし、頻繁に利用するとその利用履歴をカード会社にチェックされ、何に使用したのかという問い合わせの電話がかかってくることもあります。

その際にその説明が出来なかった場合や明らかに現金化を行ったという痕跡がある場合には、カードの不正利用としてカード利用停止処分の対象となる可能性もあります。もしカード利用停止処分になればそれはカードの剥奪を意味しますし、それ以降はカードを一切利用できなくなります。

もちろんその情報は他のカード会社にも知られることになるので、最悪の場合は全てのカードが利用できないという状況にも追い込まれる恐れがあります。そのため店舗を利用したカード現金化にも大きなリスクがあることを知っておかなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。