クレカで商品券を買って自分で現金化した結果!あとからとんでもない落とし穴が待ち受けていた…

クレカで商品券を買って自分で現金化した結果!

昔に比べてクレジットカードのショッピング枠を使って現金化をする人は多くなりました。

貸金業法が改正されたこともありますが、クレカを使用した現金化は大変手頃に資金調達ができることから利用者が増えているのでしょう。

即日お金を工面したいときは現金化業者に依頼し手続きを済ませてしまえば、当日中に資金繰りができます。

しかし、取引業者によって送金手配が遅いこともあったりするなど、全現金化業者が対応が良いというわけではありません。

それだけでなく、現金化業者によって換金率が異なりますので利用検討者は妥当な数値が分かりませんから、取引業者の選定に悩まれてしまいます。

すべて好条件である現金化業者はネット上を隈なく探したとしても見つけ出すことは、恐らくできないでしょう。

クレカの現金化をするときはある程度の妥協が必要となりますが、すべて自分でやってしまうことができれば業者が提示している取引内容に歩み寄る必要はありません。

クレジットカード現金化にはそれぞれ取引方法が異なりますが、その中の買取方式を応用していただければ業者と契約をせずに自分でやれば資金調達をすることができます。

買取方式の現金化は物を換金してもらうことで代金を受け取ることができる方法となりますが、一人でやるにはどうすれば良いのでしょうか?

とても簡単なことで、換金性の高い商品をクレカで購入した後に買取店に転売するだけです。

中でも、商品券は買取価格が販売額とほとんど変わらない金額で換金ができる代物となっています。

しかし、クレカで商品券を買って自分で現金化した結果、あとからとんでもない落とし穴が待ち受けていたなんて人が大勢いるのです。

クレカ現金化は業者と取引しなくても資金調達ができる

クレカで商品券を買って自分で現金化した結果!
クレジットカードのショッピング枠現金化は主に買取方式とキャッシュバック方式がメインとなっています。

現金化業者によって取引方法が決められていて、買取方式を用いている店舗は大半が来店型です。

ネット手続きだけで現金化ができるのはキャッシュバック方式となっています。

どちらのやり方で現金化をするかはその人次第になりますが、できるだけお金を早く手配したいのであればキャッシュバック方式の業者を選ぶべきです。

キャッシュバック方式はネットだけで取引ができると先程も申しましたが、クレジット決済が完了しカード会社が認証さえすれば現金化業者からお金が振込まれます。

平日15時以降であっても、ネットバンクさえお持ちであれば時間に関係なく即日送金をしてもらえるのです。

また、土日祝日であっても現金化業者が営業しておりネット銀行を完備しているのであれば、当日反映送金が可能となりますのでその日の内にお金を用立てることができます。

それに比べて買取方式は店舗型となっているので、わざわざ店頭まで出向かわなければいけませんので面倒でしょう。

現金化をしようと考えている日に雨が降ったりするなど天候が悪いとなれば尚更です。

また、買取方式の現金化業者は店舗をビジネス街に構えていることが多く週末や祝日は定休日となっていることもあり、営業時間も決まっていることから都合が良く金策ができません。

しかし、クレカ現金化は業者と取引しなくても資金調達ができることはご存知ですか?

クレカ現金化は自分でできる

クレカで商品券を買って自分で現金化した結果!
クレジット現金化を運営しているお店は十人十色ではありませんが、いろいろな店舗があります。

簡単に言ってしまえば優良店と悪質店あるいはどちらにも属さないお店もありますが、キャッシュバック方式ですと面を合わせないため信用性のある現金化業者の選定が中々できません。

とても親切で質疑応答が良いからといって優良業者とは言い切れませんし、逆を言えば悪質業者が利用者を陥れるために良い人ぶっているだけかもしれないのです。

とはいえ、買取方式は対面式での対応だからといっても完全に安心しきることは危険で悪質店があるとの噂もあります。

そういったこともあり、クレカの現金化をするまでには考えさせられることが多いです。

現金化業者と契約をすることが億劫ではない人には要らない情報になるかもしれませんが、クレカさえあれば自分でお金の工面ができてしまうのです。

クレカ現金化は自分でできるといっても、どのようにすれば良いのでしょうか?

自分でやる現金化の方法

クレカで商品券を買って自分で現金化した結果!
買取方式は現金化業者に物を換金してもらうことでお金を手渡されます。

現金化業者が指定する物はそれぞれ違いますが、主に換金性の高い商品です。

特に買取方式の現金化業者は新幹線の回数券を契約者に買いに行かせ、お店に戻った時点で換金し買取代金を手渡しています。

上記のやり方は従来から全く変わっておらず、買取方式といえば新幹線の乗車券が対象品です。

新幹線の切符は現金化業者だけでなく、金券ショップでも換金してもらえます。

みどりの窓口で新幹線の回数券をお買い求めたら、そのまま金券買取店に転売してしまえば自分で現金化ができるのです。

その他の換金性の高い品物といえば、みなさんもお好きなブランド品があげられます。

ブランド品ならなんでも良いのかといえばそうではなく、自分で現金化をするならルイ・ヴィトンを購入し買取専門店に売ってしまうのです。

ルイ・ヴィトンの品物ならどれでも良いわけではなく銘柄も限られてきます。

モノグラム、ダミエ、マルチカラーなどのキーケースの小物類は高価買取が期待できる品物ですが、正規店でお買い求め新品状態でなければなりません。

目立たなくても少しでもダメージがある状態ですとブランド品の換金率は下がってしまう恐れがあります。

また、買取店によってはどこで購入した物か証明できないと換金してもらえない場合がありますので、自分でクレカで現金化するなら新幹線の切符などの商品券類が良いかもしれません。

商品券の現金化をしたため最悪な結果になった

クレカで商品券を買って自分で現金化した結果!
ブランド品の現金化は物に寄りますが、品質状態が悪ければ買取率は低く見積もられてしまいます。

しかし、商品券などは破れてしまっては換金してもらうことはできませんが買い取ってもらうのに見た目は一切関係ありません。

その上、換金率が高いとなれば文句の言い様がありませんが、商品券の現金化をしたため最悪な結果になった人は大勢います。

カード会社は利用規約としてクレカのショッピング枠を換金目当てには使ってはいけないと禁止しているのです。

もちろん、クレジット信販会社は誰がショッピング枠を現金化するかだなんて発見することはできません。

但し、カード所有者がショッピング枠で何を買おうとしているのかは分かりますので、換金性の高い商品をクレカで買おうとしている人にはマークするのです。

商品券をクレカで買って現金化することに成功したとしても油断はできません。

急な出費があり、また同じように商品券をクレジット決済で購入し2回目の現金化ができたとしてもカード会社は換金を目当てにショッピング枠を使った人と判断するのです。

そうなりますと、クレジットカードは利用停止になるだけでなく信販会社から強制退会を命じられてしまいます。

更には、今までに使用したショッピング枠の支払い残高を一括請求される羽目になり期日通りに返済をしないと法的処置も取られるかもしれません。

このような自体を避けたいのであれば、クレカ現金化は自分でやるのではなく業者とやり取りをするのが良いのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。