友人や家族名義のクレジットカードでも現金化サービスは受けれますか?

友人や家族名義のクレジットカードでも現金化サービス

即日資金調達ができるクレジット現金化はカードのショッピング枠残高さえあれば誰でも利用ができるサービスです。

しかし、契約者が本人名義のクレジットカードを使用することを取引業者に証明できなければ現金化はできません。

クレジット現金化でお金を用立てるまでに審査はありませんが、カードの不正利用防止のため名義人からの依頼だということが分かりませんと業者は基本的に取引に応じることはしないでしょう。

クレジットカードを持っている人の事情はさまざまで、専業主婦の方ですとご主人様名義のクレカをお持ちの方もいます。

学生の方でしたら父親名義のカードを持っているだなんてことも考えられるでしょう。

両者は、カード名義人から使用することを許されているからこそ持つことができるのです。

クレジット現金化はいかなる場合であっても、依頼人の名義のカードでなければ契約を交わすことはできないのでしょうか?

友人や家族名義のクレジットカードでも現金化サービスは受けれるか検証しました。

他人のクレジットカードで現金化はできるの?

友人や家族名義のクレジットカードでも現金化サービス
現代社会では、クレジットカードは作りやすくなり持っている人は昔に比べて多くなったのではないでしょうか?

クレジットカードの使い道は、主に好きな洋服を買ったり飲食店での支払いの際に使われていることが多いでしょう。

また、急なことでお金が必要となればキャッシング枠を使い借入をすることも可能です。

しかし、お作りになられたクレジットカードにはショッピング枠しか付帯されていない人もいてキャッシングができない人もいます。

そんなときに実用的なのがクレジットカードのショッピング枠を使った現金化です。

クレジット現金化はカードのショッピング枠が残っていれば誰でも資金繰りができるサービスとなっています。

ご利用の際は現金化業者から審査されることなく、クレジット決済が完了次第カード会社が認証すれば指定の銀行口座にお金が振込まれるのです。

クレジットカード現金化はお金に関わる契約だというのに取引業者から査定されませんから、無職の方でも金策ができます。

但し、申込依頼者のクレジットカードであるか現金化業者が確認できなければ契約を結ぶことはできません。

では、他人名義のクレジットカードでは現金化はできないのでしょうか?

カード名義人から承諾を得れば現金化はできるの?

友人や家族名義のクレジットカードでも現金化サービス
クレジットカードは以前に比べ作りやすくなっていますが、持っていない人は大勢いるでしょう。

クレカを持ちたくてもブラックリストに名前を連ねている人はカードを持つことは到底できません。

信用機関情報に名前が上がっていない人でも専業主婦の方ですとクレジットカードを作ることは難しいでしょう。

しかし、専業主婦の方ですとご主人様から使うことを許可されたカードをお持ちの人はいるのではないでしょうか?

そういった事情であれば買物をすることもできますし飲食店での会計をご主人様名義のクレジットカードで支払うことができます。

この場合、夫のカードで妻が支払いを済ませようとしているので不正利用になると思われますが、先程も述べましたようにご主人様は奥様にクレカの使用許可をしているので問題はありません。

では、カード名義人から承諾を得ればクレジット現金化はできるのでしょうか?

友人と家族名義のクレジットカードで現金化はできるの?

友人や家族名義のクレジットカードでも現金化サービス
要するにクレジットカードは、名義人からの了承さえあれば使用することができるというわけです。

そうなれば、友人と家族名義のクレジットカードで現金化はできるのでしょうか?

どちらのカードも自分の物ではありませんが、名義人から許可を得れば現金化もできる理屈になるのではないかと思うのですが、検証してみましょう。

友人名義のクレジットカードでは現金化はできない

友人や家族名義のクレジットカードでも現金化サービス
率直に言えば、自分のクレジットカードでなくても名義人から承諾を得ればショッピング枠を使って現金化はできるのです。

但し、その際はカード名義人へ現金化業者が事実確認をしてからになります。

また、そのカードの所有者も依頼者と同様に身分証明書の提出をすることになるでしょう。

結局のところ、現金化希望者は自分のクレジットカードを使うわけではありませんので利用者は名義人になってしまうのです。

しかし、身分を明かすことができたとしても友人名義のクレジットカードでは現金化はできないでしょう。

今回のケースは依頼者と友人のは赤の他人なわけですから、何も関係性が無いので現金化業者は取引に応じることはありません。

家族名義のクレジットカードなら現金化はできる

友人や家族名義のクレジットカードでも現金化サービス
上記の場合は、互いに友人関係であるだけで他人ということで現金化ができないと考えられます。

では、ご主人様のクレジットカードを奥様が現金化をすることはできないのでしょうか?

家族名義のクレジットカードなら現金化は可能です。

この場合は夫名義のカードで妻がショッピングするのと意味合いが同じですから問題はありません。

但し、現金化業者はご主人に事実確認をした上で取引を交わしますので承諾を得られない場合は現金化はできないと考えてください。

また、ご主人様に現金化をすることがバレたくない人は控えることです。

未成年だと家族名義のカードを持っていても現金化はできない

友人や家族名義のクレジットカードでも現金化サービス
家族名義のクレジットカードを使って現金化を考えている人は夫婦だけではありません。

父親もしくは母親のカードを使って現金化をしたいと試みている子供もいるでしょう。

クレジットカードは学生向けに作れることもありますが、未成年ですと難しい状況です。

20歳未満の方の中には親のクレジットカードを持っている人もいるでしょう。

もちろん、親御さんに承諾の上クレジットカードを使っている人もいます。

それならば、親のクレジットカードで現金化はできるのでしょうか?

未成年ですと家族名義のクレジットカードを持っていても現金化はできません。

現金化業者の大半は未成年とは契約を交わすことはしないでしょう。

基本的に現金化は本人名義のクレジットカードでしかできない

友人や家族名義のクレジットカードでも現金化サービス
クレジット現金化は場合によっては自分の名前のカードでもできるということが分かりました。

しかし、ほとんどの現金化業者が本人名義以外のクレジットカードで申し込み依頼されますと警戒します。

クレジットカードは名義人が所有しているのが普通のことですから、家族であろうと違う人の物を持っているというのは現金化業者から客観視すると不審です。

中には、名義人に内緒で現金化を企てる人もいることから現金化業者も快く依頼を引き受けないのでしょう。

現金化業者が依頼者のご家族に事実確認ができたとしても何かしらトラブルを出しそうな人からの申込だと取引に応じてくれないことがあります。

基本的に現金化は本人名義のクレジットカードでしかできないサービスだと見受けておくべきです。

とはいえ、どうしても家族カードでの現金化が必要な場面はあると思います。
そんなときはカードの名義人の承諾を得た上で『24キャッシュ』を利用すると良いでしょう。

『24キャッシュ』は1万円の現金化でも87%という高換金率で現金化をしてくれます。
また、高額の現金化に対応していますので急な出費でもカンタンに対応することができるんです。

入金も最短3分でおこなうことができますので家族カードの現金化をするときは24キャッシュを利用するとお得に現金化をすることができるでしょう。

スペシャルアドバイザーによる無料相談も受け付けていますので、現金化の利用を考えている方は一度相談してみることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。