知らないと損!新現金化サービスのamazonギフト券買取サービスについて

アマゾンギフト券買取サービスについて

amazonギフト券買取サービスとは?

アマゾンギフト券買取とは

現在インターネットで最も利用者が多いショッピングサイトと言えるのがamazonです。このamazonの利用者は老若男女多岐にわたり、扱っている商品に関しても非常に幅広く取り扱いが行われています。支払方法に関しても代引きだけでなくクレジットカード払いなども可能となっており、中でも手軽に利用できるのがamazonギフト券と呼ばれる専用のギフト券の存在です。

このギフト券は様々な種類が存在しており、プレゼントとしても人気がありますし、ポイントサイト等の景品としても利用されています。しかしamazonを利用しない人からしてみればどんなに便利なギフト券であってもそれは無用の長物ですし、amazonギフト券には使用期限があるのでその期限内に使用しないと意味をなさなくなってしまいます。

そういった場合に利用すると便利なのがamazonギフト券買取サービスで、このサービスは不要なamazonギフト券を買取してくれて現金に替えてくれるサービスとなっています。その為不要なamazonギフト券を持っている場合にはサービスを利用することで簡単に現金化が行えることになります。

ギフト券の購入の仕方と換金方法は?

アマゾンギフト券の購入と換金方法について

amazonギフト券の購入に関しては、実店舗で購入する方法とwebを通じて購入する方法の2通りが存在しています。実店舗で購入する場合にはコンビニや家電量販店で販売されているカード型のamazonギフト券か、一部のコンビニなどで販売されているシート型のamazonギフト券を購入することになります。

この場合は基本的に現金での支払いとなる場合が多く、一度に大量のギフト券購入は難しいと言うことになります。中にはクレジットカードでの支払いもOKという店舗もありますが、ギフト券の在庫以上の購入は出来ません。

一方のwebでの購入に関しては、amazonのサイト内でギフト券の購入が可能となっており、Eメールタイプと印刷タイプと言った種類のamazonギフト券が購入できます。このタイプのギフト券の場合、カード型やシート型とは異なりもともと商品自体が形として存在していないため、購入後に送られてくるEメールに記載されているシリアルナンバーを利用する、もしくは印刷タイプの場合は印刷してから使用するものとなります。

印刷タイプは贈り物に使用されることが多いギフト券で、Eメールタイプは自分で使用するために購入することが多いギフト券となります。どのamazonギフト券の場合も必ず使用するためのシリアルナンバーが記載されており、それをamazonサイト内で登録することで初めて使用可能になります。これらのamazonギフト券の買取に関しては、基本的にはweb上で買取を行っている専門の買取業者を利用することになります。

その為一般の金券ショップではamazonギフト券の買取はほぼ行われていないのが実情です。これには明確な理由が存在しており、amazonギフト券の場合は通常の金券とは異なり使用できる期限があること、そして登録制での使用となることがあげられ、一般的な金券ショップでは期限内に売り切れない場合のリスクが高いことと、登録済みのシリアルナンバーかどうかを確認することが出来る術を持ち合わせていないことが挙げられます。

その為web上のamazonギフト券専門の買取業者を利用することになります。この場合、買取方法としてはサイト内にアクセスして持っているamazonギフト券のタイプを選び、Eメールタイプや印刷タイプ、シートタイプであれば記載されているシリアルナンバーを業者側に伝え、使用済みでないことを確認してもらったうえで業者が指定している換金率での買取となります。

この場合Eメールタイプであれば転送する必要が生じることもありますし、カード型の場合はカードを業者に送付す必要もあります。業者ごとにこの扱いが異なるので利用するamazonギフト券買取業者の案内をしっかりと見てから買取を依頼する必要があります。

ギフト券買取サービスは効率的な換金方法

amazonギフト券の買取サービスが秀逸なのは、その換金率にあります。amazonギフト券の場合タイプによって多少換金率が異なりますが、どのタイプであっても90~93%程度での買取りをしてもらうことが出来ます。

その為非常に現金化した際の無駄が少なく効率的に換金を行う事が可能となっています。実店舗で購入する場合には現金での購入が基本となるので無理にamazonギフト券を購入して換金しても全くメリットは無いわけですが、web上でamazonギフト券を購入する場合には、クレジット決済が可能となっているため上手に使用すればクレジットカードの現金化がとても便利に利用できます。

一般的なクレジットカード現金化の場合、どうしてもその換金率が低くなりますし、現金化業者に高い手数料を取られてしまうことにもなるので思っていた以上に現金化をした場合に手元に残る金額が少なくなってしまうことになります。

一般的なクレジットカード現金化の場合、手数料は現金化をお願いした金額の20~30%にもなりますので、仮にクレジットカードのショッピング枠を40万円現金化すると手数料として8~12万円もの金額を差し引かれることになります。

しかしamazonギフト券買取の場合、低く見積もっても90%程度での買取率ですので、目減りすることになる金額は4万円程度となり非常に無駄を少なくして手元に残る金額を増やすことが出来ます。その点を考えた場合にはamazonギフト券をクレジットカードで購入し、それをギフト券買取業者に買い取ってもらうことが最も無駄の少ない現金化の方法となります。

カード型とは異なりEメールタイプや印刷タイプはwebを通じて取引が出来ますので、現金化までの時間も速く非常にスピーディな現金化が出来る点もメリットと言えるでしょう。

amazonギフト券買取は大きなリスクが伴います

Amazonギフト券買取 リスク

Amazonギフト券買取に関しては、とても便利で無駄の無い現金化方法となりますので、その利用を行えばお金がすぐに必要な場合でも問題なく現金を用意できるでしょう。しかしうまい話には裏があるという言葉があるように、amazonギフト券買取に関してもリスクが生じることになります。

これはamazonギフト券買取サービスに問題があるのではなく、ギフト券を購入する際の購入方法に問題があるわけです。amazonギフト券を現金で購入し、それを買取業者に買い取ってもらう場合にはなんらリスクは生じないのですが、これがクレジットカードでの決済になってしまうとその時点で大きなリスクが生まれてしまいます。

これはクレジットカードの利用規約に関わる話となり、一般的なクレジットカードはその全てで換金率の高い商品の購入を規約により禁じています。その中には金券の類が含まれており、amazonギフト券も金券にあたる商品ですのでクレジットカードでの購入は禁止されているものとなります。

実店舗でamazonギフト券の購入が現金が基本となっているのもそれが理由と言えます。その為amazonサイト内でギフト券を購入する場合に、クレジットカードを利用してしまうと、それはすなわち現金化を行っているのではないかという疑いを生むことになります。

実際には現金化をするつもりがない場合でも、amazonギフト券の購入をクレジットカードで行った場合には金額によってはカード会社からの問いあわせが入ることになりますし、もしそれが高額であったり、何度もカード決済での購入をしていた場合には、現金化を行っていると判断され、カード利用停止処分になることも考えられます。

これは新幹線回数券などでも起きることがありますので、基本的にはクレジットカードでのamazonギフト券購入には高いリスクが伴うと考えておく必要があり、自己責任での利用となることを知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。