過去の事例でクレジットカード現金化の利用で実際に逮捕された方はいますか?

クレジットカード現金化の利用で実際に逮捕された

大変利便性のある資金調達法としてクレジットカードの現金化があげられますが、実際のところはグレーに踏み込んでいるので利用者からしますと不安要素があります。

カードのショッピング枠を換金目当てに使用することは、クレジット信販会社の利用規約違反となるためバレてしまうとそれなりのペナルティを科させられてしまうのです。

お持ちのクレジットカードは、利用停止になり強制退会となるだけでなく、支払い残高のあるショッピング枠分をすべて一括請求されてしまいます。

クレジットカード現金化がリスクのある資金調達法ということは分かっていますが、最も恐れているのはショッピング枠をお金に替える行為が犯罪とならないかということではないでしょうか?

過去の事例でクレジットカード現金化の利用で実際に逮捕された方はいるかお答えしましょう。

クレジットカード現金化を利用した人で逮捕者はいるの?

クレジットカード現金化の利用で実際に逮捕された
クレジットカードのショッピング枠を使って現金化をする人は年々増えています。

急な出費でお金を用立てたくても貯えが無ければ金策をするしかありません。

但し、クレジットカードがあれば話は別で付帯されているショッピング枠に残高があれば現金化ができます。

クレジット枠現金化は審査や来店不要でできる金策となっていますのでカードをお持ちの方なら誰でも利用することが可能です。

カードのショッピング枠現金化は有効活用できる金策となりますが、クレジット信販会社の利用規約違反を犯しています。

ショッピング枠を現金化目的に使用したことがクレジット会社に発覚してしまいますとカードは利用停止になり所有権は剥奪されてしまうのです。

それだけでなく、現金化で使用したショッピング枠はもちろんのことその他の支払い残高分も一括請求されるなど懲罰を受けることになります。

カードのショッピング枠現金化はクレジット信販会社の禁止事項をしてお金を用立てようとしているわけですから、それなりにリスクがあるということです。

そうなりますと、クレジットカード現金化を利用した人で逮捕者はいるのか?という疑問を抱くことでしょう。

過去にクレジットカード現金化をして捕まった人はいないが…

クレジットカード現金化の利用で実際に逮捕された
クレジットカード現金化の印象は非常に悪く、利用者も不安を持ちながら資金調達をしていると思います。

クレジット現金化はカード会社が禁止していることを破ってまでお金の工面をしているわけですから、何か起こってしまうのではないかと気が気でないという人もいるでしょう。

カード現金化の利用者が最も恐れてしまうのはショッピング枠をお金にすることがクレジット信販会社に発覚したことで逮捕されてしまうのでは?と不安がちです。

過去にクレジットカード現金化をして捕まった人はいないがバレてしまった人は大勢います。

では、どうしてクレジット信販会社にショッピング枠現金化をしたことを知られてしまったのでしょうか?

現金化業者の取引方法や使用するカードの銘柄ショッピング枠の額面も要点にあげられます。

クレジットカード現金化はやり方次第で信販会社に睨みを利かされてしまう人もいてバレやすくなってしまうのです。

現金化をすると逮捕される不安要素

クレジットカード現金化の利用で実際に逮捕された
ショッピング枠現金化発覚してしまいますとクレジット会社から強制解約をされカードを取り上げられてしまいます。

本当にクレジットカード現金化をしても検挙されることはないのでしょうか?

しかし、本当はカード現金化をすると逮捕される不安要素があります。

では、どんなリスク要因があるかお話しましょう。

横領罪になってしまう可能性がある

クレジットカード現金化の利用で実際に逮捕された
クレジットカード現金化の買取方式には利用者が逮捕されてしまう恐れがあります。

買取方式の現金化は品物を換金してもらうことで代金を受け取れる仕組みです。

買取方式を用いている現金化業者は換金性の高い商品を買い取ることで契約者にお金を渡します。

この取引内容はいたってシンプルで分かりやすい仕組みですが、利用者は横領罪になってしまう可能性が大いにあるのです。

クレジット決済でお買い求めた品物はショッピング枠で購入するので、支払いが完済するまでは手元に現物があったとして、所有権はカード会社にあるので勝手に転売することは横領罪になってしまう可能性があります。

詐欺罪にになる恐れがある

クレジットカード現金化の利用で実際に逮捕された
その他にもクレジットカード現金化をする人には不安要素があるのです。

カードのショッピング枠を現金化目的にしようすることはクレジット信販会社からお金をだまし取っているのと何ら変わりはありません。

信販会社を欺いてお金を詐取している行為になるので詐欺罪になる恐れがあります。

クレジットカードのショッピング枠現金化をすると、少なからず2つの罪を犯しているのです。

クレジットカード現金化では業者しか逮捕されていない

クレジットカード現金化の利用で実際に逮捕された
以上の不安要素を見ていただきますと、益々カードのショッピング枠を現金化するのが逮捕されてしまうのではないかと不安です。

本来であれば、ショッピング枠は買い物などの代金の支払いのために付帯された物ですが、現金化ができるという情報を手に入れた人たちはいつの間にかお金に替えるようにしてしまいました。

クレジットカードをお持ちのすべての方がショッピング枠を現金化しているわけではありませんが、違法性を問われることもあることはお忘れないようにしてください。

しかし、過去の事例でクレジットカード現金化の利用者で実際に逮捕された方はいません。

一方、現金化業者はどうなのかというと、摘発された店舗は続出しており利用する側は被害者として見られているようです。

クレジットカード現金化は業者も利用者も悪者になるはずが、サービスを提供する側だけが犯罪者となってしまいます。

そういった事情からクレジットカードのショッピング枠をお金に替えても何も支障がないことから、年々利用者が増えているのでしょう。

但し、今のところ現金化利用者に逮捕された事例がないだけで、この先はどうなるのか分かりませんから油断は禁物です。

ともかく、クレジットカード現金化で逮捕者が出たとなれば大事になることは間違いないでしょう。

このことに関しては、今後も追求していきますので何か分かり次第情報を公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。