現金化の法律!景品表示法と言い張る違法性の高いキャッシュバック方式の現金化業者の素性とは?

景品表示法と言い張る違法性の高いキャッシュバック方式の現金化業者

昔とは違ってクレジットカードのショッピング枠を使った現金化の方法は多様となりました。

それに伴って現金化業者も多くなり、各店舗はそれぞれの取引方法を用いり依頼者と契約を交わしています。

買取方式は従来からある取引方法で現金化業者に多数の方が来店されていることでしょう。

キャッシュバック方式は買取方式とは対照的でネット手続きで取引が可能となっておりますので、自宅または会社からでも現金化業者と契約ができます。

最近では、電子マネーをクレカで購入し専門の買取業者に換金してもらうことできるアマゾンギフト券現金化まで編み出されました。

買取方式とアマゾンギフト券現金化は似た取引内容となっており、呼び名からしてもどんな金策なのかお分かりいただけるかと思いますが、キャッシュバック方式はイマイチ分からないという人もいます。

また、キャッシュバック方式の現金化は法律に関わる弁護士たちは違法だと主張しているようです。

キャッシュバック方式を行っている現金化業者は景品表示法に則ったサービスだとどちらも主張を覆しません。

では、景品表示法と言い張る違法性の高いキャッシュバック方式の現金化業者の素性に迫ります。

キャッシュバック方式は違法ではないと言い切る現金化業者が多い

景品表示法と言い張る違法性の高いキャッシュバック方式の現金化業者
クレジットカード現金化をするには取引業者を選定しなくてはなりません。

そのためには、クレカ現金化の仕組みはもちろんのこと取引をしようとしている店舗についても詳しく知り必要があります。

  • 換金率
  • 入金時間
  • 必要書類事項
  • 手続きの流れ
  • 取引方法

各項目それぞれを把握した上で現金化業者と契約しないといけません。

換金率や入金時間は現金化業者によって差が出ますが、必要書類や手続きの流れはどの店舗もほとんど同じでしょう。

取引方法に関しては二手に別れ、買取方式とキャッシュバック方式を取り入れた現金化となります。

中には、アマゾンギフト券換金を行っているクレジットカード現金化業者もありますが買取方式と含めるべきでしょう。

クレカの現金化をする人はいづれにしてもどちらかの方法で資金調達することになります。

キャッシュバック方式の現金化を行っている業者は法律に触れた悪行だと言われているのです。

それに負けじとキャッシュバック方式は違法ではないと言い切る現金化業者が多く、はたして本当のところはどうなのでしょうか?

景品表示法に則ていると主張

景品表示法と言い張る違法性の高いキャッシュバック方式の現金化業者
キャッシュバック方式を行っている現金化業者が違法行為はしていないと言い張っているのは訳があります。

キャッシュバック方式とは、現金化業者が販売している商品をクレカで購入し買われた品に付属されている特典によりお金が振り込まれます。

つまり、キャッシュバック付き商品をクレジット決済にてお買い求めることで現金を手にすることができるのです。

これが、キャッシュバック方式の現金化が景品表示法に則ていると主張する理由となります。

そもそも、景品表示法とはどんな法律なのでしょうか?

景品表示法は、一般消費者が買われる商品やサービスに不利益が出ないようにするための法律です。

不当な景品や表示をする事業者から、良い商品満足できるサービスを受けていただくために昭和37年に制定されました。

では、どうしてキャッシュバック方式の現金化は違法だとバッシングされるのでしょうか?

キャッシュバック方式が違法と言われる所以

景品表示法と言い張る違法性の高いキャッシュバック方式の現金化業者
特典付きの商品を買うことは利用者の合意の上でクレジット決済をしているのにも関わらず、キャッシュバック方式は違法行為と言われています。

キャッシュバック方式の現金化が犯罪だと主張されるには訳があります。

取引内容を見てみますと確かに問題点があるかもしれません。

それでは、キャッシュバック方式が違法と言われる所以についてお話します。

価値のない商品を買わせている

景品表示法と言い張る違法性の高いキャッシュバック方式の現金化業者
キャッシュバック方式を行っている現金化業者が販売している特典付きの商品に問題点があります。

現金化業者はキャッシュバックを行う際、特典付きの品を契約者にクレジットカードでお買い求めていただきますが、価値のない商品を買わせているので、景品表示法に触れると言われているのです。

現金化業者が設けているオンラインショップを見ますと、それなりに価値のある商品が並んでいるのですが購入した面目上は見た販売品ですが、実際に到着した物はまったく違う品が届きます。

これが、キャッシュバック方式が違法と言われる所以の一つです。

商品を配送していない

景品表示法と言い張る違法性の高いキャッシュバック方式の現金化業者
キャッシュバック方式の現金化は商品をカードで購入した特典としてお金が振込まれます。

このことについては何度も申し上げていますが、キャッシュバック方式の現金化は通常のクレカのショッピングと変わりません。

買い物をするわけですから品物があって当たり前のことなのですが、商品を配送していない現金化業者がいます。

キャッシュバック方式の現金化はお金が振り込まれて契約が完了するのではなく、納品をしていただいた時点で完了です。

クレジット決済を業者が行っている

景品表示法と言い張る違法性の高いキャッシュバック方式の現金化業者
キャッシュバック方式の現金化業者の大半が決済端末を導入することができません。

そのため、決済代行業者と提携しクレジットカード現金化の運営を行ってます。

依頼者から申込されましたら、現金化業者は必要書類として身分証の画像を写メしてもらいますが、余計にクレジット情報も送らせる業者もいるのです。

その上で、契約者の合意のもとですがクレジット決済を業者が行っている点が不正利用だと主張されています。

商品を選ばせていない

景品表示法と言い張る違法性の高いキャッシュバック方式の現金化業者
キャッシュバック方式の現金化業者はネットショップを別に設けています。

それぞれクレジットカード現金化用に作られたオンラインショップには、販売価格が不自然です。

いかにもクレジット決済をしやすい額面になっていることがわかります。

現金化業者はクレジット決済の確認ができ次第、契約者へお金を振込みます。

クレジット現金化はショッピングが目的にカードで買い物をするわけではないので契約者に商品を選ばせていません。

すべて、現金化業者が指定した販売品を買わせているのです。

もれなく型だから合法を主張

景品表示法と言い張る違法性の高いキャッシュバック方式の現金化業者
キャッシュバック方式を行っている現金化業者は違法だと言われていても強気に運営しています。

それは、キャッシュバック方式の現金化はもれなく型だから合法を主張しているからです。

1.000円未満の商品を買っていただいた場合は200円まで、1.000円以上の商品を購入した場合は10分の2までと決められています。

しかし、キャッシュバック方式の現金化ですともれなく型に該当するという理由から違法行為とは見られないのです。

とはいえ、未だにクレジットカード現金化は貸金業法の法定利息を超えた違法貸付などとしか見られていません。

この問題が解決する頃には現金化業者がいなくなっているか、完全にキャッシュバック方式が合法と完全に認められたときではないでしょうか?

クレジットカード現金化が今ほど知名度が高くなければ、このように取り沙汰されてはいなかったと思います。

しかし、現状このように騒がれるようになったのも貸金業法が改正されたことにより金策する方法が限られるようになったからです。

また、クレジットカード現金化は奥が深い点もあり利用者からしますと危険度がある金策として見られていないかもしれません。

一つ言えるのは、クレジットカード現金化をするなら計画的に行ってくださいということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。