【注意喚起】新手の現金化詐欺業者!決済後に条件を変更する悪質手口!

新手の現金化詐欺業者!

みなさんが資金繰りする方法は様々です。

中には、クレジットカード現金化で資金調達する人もいるでしょう。

年々カードのショッピング枠現金化を利用している人が増えています。

それがゆえに現金化業者もネット上に続々と出店しているのです。

新店舗がネット上に登場するということは悪質現金化業者も入り混じっています。

現金化詐欺業者の手口によって次から次へ騙された人は大勢です。

カードでお金を用立てる人を騙す現金化業者の手口はそれぞれ違います。

そんな中、新手の現金化業者が登場しました。

最新の悪質現金化業者の詐欺の手口について公開しましょう。

カード現金化では詐欺にあった人が大勢いる

新手の現金化詐欺業者!
クレジットカード現金化を利用する上で最も心配事は送金手配についてではないでしょうか?

取引業者との手続きを終えたのにも関わらず入金がされていなければ騙されたことになります。

カードのショッピング枠現金化ではクレジット決済が完了しませんとお金が振込まれません。

いかなる場合でも、カード現金化はクレジット決済を終えないと取引業者から送金されないのです。

しかし、カードを切っても銀行口座に着金されていなければ現金化業者に騙されたことになります。

契約者が先にクレジット決済をしなくてはいけないので現金化業者が優位になるのです。

お金が振込まれるかどうかは現金化業者次第になります。

実際にカード現金化で取引業者からお金が振込まれなかった方はいるのです。

クレジットカード現金化で詐欺にあった人は大勢います。

悪質現金化業者が存在している

新手の現金化詐欺業者!
取引事で心配なのは悪徳業者との契約です。

特にお金にまつわる取引には悪徳業者の存在はありがちです。

カードでお金でも悪質現金化業者が存在しています。

クレジットカードのショッピング枠を換金目的に使用することは信販会社の利用規約違反です。

本来、クレジットカード現金化はやってはいけません。

詐欺にあってもクレジット信販会社に訴え出るに出れないのです。

クレジット会社にショッピング枠現金化をして騙されたことを口外してしまえば、カードを剥奪されてしまいます。

そういった弱みを握れることから現金化詐欺業者は平気で利用者を陥れるのです。

現金化詐欺業者の様々な手口

新手の現金化詐欺業者!
クレジットカード現金化で詐欺にあった被害者は年々増えています。

また、カード現金化は詐欺の手口も増えていることから取引業者の選定は困難です。

先程も申しましたがお金を振込まれない現金化業者もいます。

その他にもクレジットカード現金化では悪質な手口があるのです。

現金化詐欺業者の様々な手口をお教えしましょう。

カード情報を詐取する

新手の現金化詐欺業者!
クレジットカード現金化の取引方法にキャッシュバック方式があります。

キャッシュバック方式の現金化はオンライン決済後、信販会社の認証ができ次第送金です。

キャッシュバック方式の現金化業者は自社端末を引いておらず代行会社に決済を依頼しています。

それにも関わらず利用者のカード情報を詐取する現金化業者がいるのです。

クレジット情報を言葉巧みに騙し取る現金化業者がいます。

カード情報を現金化業者に知れ渡ると知らぬ間に余計なクレジット決済をされる恐れがあるのです。

どんなことがあってもカード情報は誰にも教えてはいけません。

送金が複数回にされる

money-kazoeru
クレジットカード現金化では取引業者からお金が振込まれる回数は1回の契約につき1回です。

使用のショッピング枠の額面やカードによって送金回数が2回以上になることはありません。

現金化詐欺業者の手口で最も多い被害が送金が複数回にされてしまったことです。

振込み回数を分けることによって何がいけないの?と疑問を抱く方もいるでしょう。

仮に10万円振込まれる予定が8万円と2万円に分けられるとします。

すると2回目の送金がされない場合があるのです。

中には、1回目が振込まれたことに達成感を覚え2回目の送金を忘れがちな人もいるのです。

2回目の送金手配が期日通りにされていないから催促をしたのにも逆ギレされることもあります。

現金化をしたことをカード会社に知れてはいけないことを口実に泣き寝入りさせる魂胆の詐欺業者には用心してください。

最新の悪質手口は卑劣

新手の現金化詐欺業者!
以上あげた現金化業者の詐欺は取引前に未然に防ぐことができます。

カード情報を詐取しようとされても取引しようとしている業者に口外しなければ良いだけです。

取引業者に申込みする前に現金化業者に1回の契約に対して送金回数を尋ねてください。

送金が複数回になると言われた時点で申込み依頼をしなければ良いのです。

他にもクレジットカード現金化の詐欺には悪質な手口があります。

新手の現金化詐欺業者は決済後に条件を変更するのです。

申込みから身分証明の提出を済ませクレジット決済が終った後に話が覆されます。

使用のショッピング枠20万円に対し換金率が89%であれば17万8千円がキャッシュバックです。

しかし、20万円の決済額に対し商品代金の内税が8%が差し引かれます。

そうなりますと、1万6千円が送金額から引き落とされ16万2千円が振込代金です。

実質換金率は81%まで引き下がります。

更に登録料や事務手数料など不可解な料金を差し引かれるのです。

結果的に換金率は70%代にされてしまうなど卑劣な手口と言えます。

少しでも不審に感じた現金化業者との契約には応じないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。