クレジットカード現金化は未成年でも利用できるの?現金化の気になる疑問を完全解消!

クレジットカード現金化は未成年でも利用できる?

未成年の方でもお金が必要になることは多く、お小遣いだけでは間に合わない時もあるでしょう。

そうなると親に頼み込むかバイトをするかのどちらかになりますが、どちらの手段も取りたくないという人がほとんどです。

そんな時にクレジットカード現金化が利用できたら随分と楽だとは思いませんか?

しかし、今の時代は未成年による取引は場合によっては親の同意があれば取り消しすることも出来てしまいます。

元々がグレーな商売であるショッピング枠現金化は未成年でも利用することができるのでしょうか。

結論から言えば、かなり厳しいですが条件次第では未成年でも現金化を利用することができます。

今回は未成年によるクレジットカード現金化についてお話致します。

年齢制限!?クレジットカードを持てるのは18歳以上から

クレジットカード現金化は未成年でも利用できる?
昔に比べれば未成年がクレジットカードを所持することも珍しいことではなくなりました。

学生カードなんてものもあり、親の同意や法定代理人さえいれば誰にだってクレジットカードが作れる時代です。

とはいえ、誰にでもといってもカードを作れない人もいます。

クレジットカードを作るためには条件があるのです。

その条件とは、

  • クレジットカードを発行できるのは18歳以上
  • 高校生は18歳以上でも作成不可

とあります。

これは法律で決められていることなので、どんな方法を使ったとしても作ることはできません。

デビットカードであれば高校生でもクレジットカードを持つこともできますが、デビットカードは即時決済型のカードです。

現金化するために商品を購入したとしても、結局口座から引かれているだけなので手数料分損をしています。

つまり、クレジットカードを利用できる未成年は大学生からということになります。

高校生の方はお金が欲しい気持ちは分かりますが、親に相談するなどをする他にないでしょう。

ただし、家族カードや親のカードを勝手に使っての現金化は絶対に辞めてください。

大変なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

詳しくはこちらをご覧下さい。

友人や家族名義のクレジットカードでも現金化サービスは受けれますか?

2016.08.30

18歳以上の未成年者は現金化利用できる?

クレジットカード現金化は未成年でも利用できる?

高校生の現金化は不可能だという結論になりました。

では、18歳を超えている大学生や就労している人は現金化を利用することはできるのでしょうか?

ひとことに18歳以上と言っても大学生だけではありません。

  • 就労している未成年者
  • 大学生の未成年者
  • フリーターの未成年者

と大雑把に分けても3種類の方がいます。

この人たち全員が現金化を利用することは出来るのでしょうか?

1つずつわかりやすく解説していきます。

就労している未成年者

クレジットカード現金化は未成年でも利用できる?

高校を卒業して就職をした未成年の方であればクレジットカード現金化を利用することは可能です。

支払い能力もあり、既に自己で責任が取れる立場なので問題はないでしょう。

しかし、就職したばっかりだと収入はまだ少ないものです。

クレジットカード現金化は即金が手に入るなど多くのメリットのあるサービスですが、少なくない手数料を取られてしまうこともまた事実です。

その時だけは助かったとしても、支払いで後悔することになるかもしれません。

出来る限りの利用は控えて、どうしても利用しなければならない時は自分の収入と相談して利用金額を決めるのが良いでしょう。

大学生の未成年者

クレジットカード現金化は未成年でも利用できる?

多くの18歳以上の未成年者は大学に通っていることでしょう。

勉強も忙しく、友人付き合いにもお金がかかりますので特に現金化を利用したいと思っていることだと思われます。

しかし、大学生による現金化は難しいと言わざるを得ません。

例え自分名義のカードを持っていたとしても、現金化を利用した後の支払い能力が乏しいと現金化業者も思われてしまうからです。

現金化業者に借金をしているワケではありませんが、カード会社への支払いが滞ることがあればトラブルの元になります。

危険を避けたい現金化業者からすれば、大学生の利用は受け付けたくないというのが本音です。

利用できる現金化業者もいますが、その分換金率は下げられてしまいます。

クレジットカード現金化を利用する前に親御さんに相談してみたほうがいいでしょう。

わざわざ不利な取引をする必要はありませんよ。

フリーターの未成年者

クレジットカード現金化は未成年でも利用できる?

フリーターの未成年者も大学生同様に現金化を受け付けてくれるところは少ないです。

収入こそはありますが、不安定だと見られてしまうでしょう。

利用するためには、何ヶ月分かの給与明細など安定した収入を証明するものを要求される可能性があります。

余計な情報を流すことになりますので、もし契約しようとしている業者が悪質な詐欺業者だった場合、悪用されることは免れません。

利用するのであれば信用できる優良店を探し出して利用しましょう。

未成年の利用者の現金化を請け負ってくれる業者は少ない

クレジットカード現金化は未成年でも利用できる?

自分名義のクレジットカードを持っていたとしても、未成年者だというだけで取引を拒否する現金化業者は少なくありません。

その理由は未成年者だとカード会社への支払いが滞る可能性が高いからです。

支払いが滞れば、取引についてカード会社に調べられてしまい、現金化目的での購入だったことがバレてしまいます。

そうなれば、カードは必ず利用停止になってしまうでしょう。

更にその責任は現金化業者にまで及ぶことになります。

余計なトラブルを引き起こさないためにも、現金化業者の多くは未成年者の利用をお断りしているのです。

未成年だと現金化の利用は難しい

クレジットカード現金化は未成年でも利用できる?

このように未成年者による現金化の利用は不可能ではありませんが様々な障害があります。

  • 収入が少ないと利用不可
  • 対応してくれる業者が少ないため業者選びが大変
  • 換金率は大幅に下げられてしまう

と見逃すことのできないデメリットばかりです。

親権者の同意を要求する現金化業者もいますので、未成年者のクレジットカード現金化の利用は難しいでしょう。

誰にも知られずに現金化を利用するのは不可能なので諦めるのが賢明です。

未成年の内に借金を背負うと大変なことになる可能性もありますので、自分の人生を大切にするのが一番ではないでしょうか。

本当にクレジットカード現金化を利用しなければならないのか、よく考えて自分の道を決めましょう。

言いにくいかもしれませんが、困った時には親を頼るのも1つの手ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。