クレジットカード現金化は違法金利って本当?現金化の金利を調べてみた

クレジットカード現金化の違法金利について

「どうしても多額の現金が明日に必要になった」

こんな時にキャッシング枠が無かったりすれば、クレジットカード現金化を利用しようと思うでしょう。

審査不要・来店不要・即日現金化とメリットの多い現金化サービスですが、最近ネット上でクレジットカード現金化は違法金利なのではないかと言う話題が広がっています。

果たして、本当にクレジットカード現金化は違法なのでしょうか?

結論から言うと、クレジットカード現金化は違法ではありません。

世間から違法だと思われてしまう原因は、現金化業者が取る手数料にありました。

今回は現金化の簡単な基礎知識とクレジットカード現金化の違法金利について調べました。

クレジットカード現金化の基礎知識

クレジットカード現金化の違法金利について
初心者向けのショッピング枠現金化サイトなので、まずは現金化についておさらいをしてみましょう。

クレジットカード現金化とは略称で、厳密には「クレジットカードのショッピング枠を現金化」となります。

クレジットカードには、後払いで商品を購入することができるショッピング枠と消費者金融のように現金を借りることができるキャッシング枠があります。

この2つの機能にはそれぞれ限度枠が設定されており、その上限はショッピング枠が圧倒的に高くなっています。

そこで、大量に余っているショッピング枠を現金に変える方法がクレジットカード現金化です。

ショッピング枠を現金に変える方法の流れは、

  • クレジットカードで業者に指定された商品を購入する
  • 指定された商品を現金化業者に送る
  • 現金化業者が商品を確認する
  • 指定した銀行口座に金額分の入金が行われる

となります。

たったこれだけの手間で現金を手に入れられることから今現金化サービスは人気が高まっているのです。

クレジットカード現金化について、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

カード現金化の方法はさまざま!利用方法と注意点について

2016.06.03

違法金利だと言われる理由は手数料にあった

クレジットカード現金化の違法金利について

クレジットカード現金化の取引の流れを見てもらえばわかると思いますが、クレジットカード現金化とは中古品買取サービスです。

街中にある「大黒屋」のような質屋と一緒で、借金ではないので金利が発生することはありません。

カード会社への金利は発生しますがそれも法定内のものなので違法金利だという意見は的外れです。

では、何故口を揃えたかのように違法金利だと言われているのでしょうか?

その原因はクレジットカード現金化業者の手数料が高すぎることでした。

現金化の手数料ってなに?

クレジットカード現金化の違法金利について

クレジットカード現金化を利用すると使った金額分の現金が手に入るわけではありません。

現金化には換金率というものがあり、

その計算式は[利用金額×換金率=入金額]です。

この時にかかる費用が20%が相場で、実際に手に入る金額は利用金額の80%となります。

つまり、10万円の現金化を利用したら80,000円の現金が手に入るということです。

カード会社への返済は10万円なので、利用者からすれば20,000円の損失が出たことになります。

これを金利に直すと年利240%です。

法定金利が年利18%なので、簡単に考えても約13倍の金利です。

そう考えれば確かに違法金利だという見方も出来るかもしれません。

とはいえ、この年利240%というのは毎月20%の手数料を支払った場合の話です。

実際には毎月払うわけではなく、最初に20%払うだけです。

では、計算式を直すと金利はいくらになるのでしょうか?

ちゃんと考えればそこまで金利は高くない

クレジットカード現金化の違法金利について

10万円を1年間掛けて返すとするとカード会社の年利は14.5%なので、返済総額は115,504円となります。

そこに現金化業者に支払った2万円を足しても135,504円です。

クレジットカード現金化を利用した時の実質的な金利は約30%となります。

確かに少し高めかもしれませんが、即金で審査も無しに現金が手に入る方法はクレジットカード現金化だけです。

多少のお金と引き換えに、今現金が手に入るとなれば安いものではないでしょうか。

ちなみに闇金からお金を借りると安くても年利は365%です。

その差を考えれば、クレジットカード現金化を利用したほうが良いでしょう。

急いでる時こそクレジットカード現金化

クレジットカード現金化の違法金利について

消費者金融のほうが金利は安いですが、借り入れには審査が必要となります。

総量規制によって審査が厳しくなった今、審査に通らない人も多いでしょう。

また、消費者金融は深夜営業をしていませんので深夜にお金が必要になっても申し込むことは不可能です。

その点、クレジットカード現金化は審査が無く、クレジットカードさえあれば誰でも即日現金化を利用することができます。

少し金利は高くなってしまいますが、急ぎの用であればクレジットカード現金化を利用したほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。