詐欺を行うクレジットカード現金化業者について

クレジットカード現金化の詐欺

クレジットカード現金化の詐欺にはご用心

カード現金化の詐欺には注意
近年その利用者を増やしているのがクレジットカードの現金化と呼ばれる現金入手法です。この現金化という方法は、所有しているクレジットカードのショッピング枠を現金にすることが出来る方法で、カードローンなどとは異なりすでに持っているカードを利用できるため、非常に便利だと口コミで利用者が増加してきた方法となっています。

基本的にはクレジットカード現金化は法律には抵触しないため、現金化を行う行為自体は問題ないとされていますが、クレジットカードを運営しているカード会社のカード利用規約上では利用規約違反となる行為となります。その為現金化を行う事には常にリスクが伴いますし、法律でその罰則が決められていないため、利用者の心理に付けこんだ現金化詐欺も非常に多く見受けられます。

実際に被害に遭った利用者も数多く存在していますし、仮に詐欺にあった場合でも現金化自体が問題となる可能性もあるため泣き寝入りをしてしまうケースも後を絶たないと言われています。詐欺に遭う人の多くはうまい話に騙されてしまう場合や、信用して利用したのに騙されたケース、実際に現金化は出来たけれど、申し込んだ時の内容と実際の現金化の金額が異なっているケースなど、その詐欺の方法は様々なものとなっています。

現金化業者が行う詐欺の手口とは?

詐欺の手口

現金化詐欺の手口として最も多いのが、現金化のためにカード番号を聞き出した後に全く連絡がつかなくなるという手口で、この詐欺の場合カード番号と暗証番号を教えてしまうと言うケースが非常に多いためその場だけの詐欺ではなく、架空請求被害が後から起きてしまうということに繋がります。

カード現金化を行う人は、ほとんどが初めて利用する人ですので利用方法が良くわからないままカード番号や暗証番号を業者に教えてしまうケースがとても多いと言えます。この場合、カード番号も暗証番号も第三者である業者に教えてしまっているわけですので、その時点で自由にカードを利用することが出来てしまうことになります。

その為詐欺被害での被害額も高額になる可能性が高いと言えます。次に多いのが、利用申し込みを行った後にキャンセルを仕様とした場合にキャンセル料を請求されてしまう詐欺です。この詐欺の特徴としては、現金化を申し込むHPにはキャンセル料金のことを一切記載しておらず、利用者がキャンセルを行おうとした場合に高額なキャンセル料を請求されてしまうことになります。

ほとんどの場合、脅しに近い形でキャンセル料を請求してきますので、怖くなって言われた通りの換金率で現金化を行ってしまう人がとても多いといえます。仮にキャンセルした場合でもキャンセル料の支払いを強制されますし、利用するためにメールアドレスや電話番号を記載してしまうことになるので、しつこくキャンセル料の支払いを請求されることになります。

申し込みを行いカード決済を行った後に連絡が取れなくなるという詐欺もとても多く見受けられる詐欺のケースです。連絡が取れなくなる業者の場合、連絡先や住所などを記載していないケースがほとんどですので、連絡先がわからない業者は詐欺業者である可能性が極めて高いと言えます。

実際に詐欺にあった人の声とは?

詐欺にあった人の声

実際にカード現金化詐欺にあった人の声を聞いてみると、多くのケースで似たような状況下での被害を受けていることが分かります。特に多いのがカード現金化を利用しようと考えた人の多くが、魅力的な換金率に騙されて信用できるかどうかも分からない業者を利用していることが分かります。

詐欺を行う業者の場合、やはり通常の換金業者よりも換金率を高く設定しているケースや、問い合わせをした際に利用者の弱みを巧みについて、利用を促そうとするケースが多いといえます。カード現金化を行おうとしている利用者は、カードローンの利用が出来ない、もしくは面倒だと感じている人や、出来るだけ楽な方法ですぐにお金を用意したいと言う人が多いため、そこに付けこむ手口が多いのも特徴となっています。

詐欺にあった人の多くは、途中で利用をやめようと試みた人も多いのですが、激しい言葉で恫喝されたり、安心するような言葉をかけて結果的にカード情報をだまし取られたと言うケースが多いため、詐欺の手口もアメと鞭をつかって巧妙に行われていることが分かります。

詐欺にあった後の対処法

詐欺にあった後の対処法

もしクレジットカード現金化を行って詐欺にあった場合、それは明らかに犯罪に巻き込まれていることになります。その為詐欺に遭ったと泣き寝入りをすることなく、被害届を提出することが必要不可欠となります。もちろん被害届を出せばそのジットカードの利用停止などの措置を取られることになりますし、カード会社にも現金化を行ったことがわかることになります。

その為被害届を出しても出さなくても何らかのダメージは追うことになりますが、それは自己責任のもとカード現金化を行う必要があるため、甘んじて受け入れるしかないと言えるでしょう。それくらいカード現金化を利用するリスクは高く、気軽に利用して良いものではないとしっかりと理解することが必要となります。

もしカード現金化詐欺に遭ってしまい、カード情報が流出するような事態になってしまうと、思いもよらない多額の被害を蒙ることも考えられますので、被害届とカード停止は必ず行う必要があるでしょう。

それと詐欺業者に恫喝された場合でも、その言葉に怯えることなく断る勇気を持つことも重要となります。ほとんどの被害者がその言葉に委縮してしまい、言われるがままになって被害を蒙っていますので、凛とした態度で業者に応じることも必要でしょう。

クレジットカード現金化で詐欺に遭わないために

クレジットカード現金化で詐欺に遭わない為のまとめ

クレジットカード現金化詐欺に遭わないためには、怪しい業者は一切使用しないことが重要となります。怪しい業者の特徴としては、換金率が高い、連絡先がわからない、住所などの所在地が不明、個人情報を聞きだそうとしてくるなど特徴がありますので、そういう業者は仮に魅力的な無いようであっても利用しないと言うことが詐欺を回避することに繋がります。

それと換金業者を選ぶ際には利用者が多く会社自体がしっかりとしている業者を選ぶことや、一度に多額の現金化を行わないということも詐欺被害に遭わないためには必要な事となるでしょう。

最も詐欺に遭わずに済む方法としては、クレジットカードは正しい使い方を行い、カード現金化を始めから利用しないということが最良の方法となりますし、カード現金化を利用しないことはカード会社の利用規約に違反することも防止できますので、自分自身がその行為自体が良いことなのか悪いことなのかを正しく理解することが最も重要なことだと言えるでしょう。

とはいえ、クレジットカード現金化が便利であることには代わりはありませんし、現在のところ法的罰則も無いため詐欺被害がさらに拡大する可能性は否定できません。その為仮にやむ負えずクレジットカード現金化を利用するのであれば、換金業者をしっかりと下調べし、信頼のおける業者を選別してから利用を行うようにすることで、詐欺に遭わずに現金化を行うことが出来るでしょう。

クレジットカード現金化の詐欺被害が多いのは、自己責任で利用する必要があるという根本的なことを理解できていない人が多いことも原因ですので、そこはしっかりと肝に銘じておく必要があります。

クレジットカード現金化超入門 トップに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。