最短5分はあり得ない!クレジットカード現金化の入金時間は最低1時間を見積もっておこう!

クレジットカード現金化の入金時間は誇大広告

クレジットカード現金化を利用するときのメリットとして、入金までのスピードが早く即日現金化をすることが出来るところがあります。

実際、消費者金融や街金と比べてみても、驚く程の速さで現金を手に入れることができます。

しかし、現金化業者のサイトを見てみると「最短5分で入金可能!」と書かれていますが、実はこの謳い文句は真っ赤な嘘で絶対にあり得ない入金スピードなのです。

正直に最短5分を信用して現金化業者を利用すれば、満足のできる現金化には程遠い結果となってしまうでしょう。

今回はクレジットカード現金化業者の入金時間についてお話します。

クレジットカード現金化業者の入金時間

クレジットカード現金化の入金時間は誇大広告

何とかして今すぐお金を手に入れなければならないと考える人は多いですが、今の時代だとそれが叶わない人が大勢います。

総量規制が制定され、消費者金融の審査が厳しくなってしまったため誰もが貸金業を利用することはできなくなってしまい、また審査にかかる時間も長くなってしまいました。

総量規制とは2006年に制定された、年収の1/3以上の借入を規制する法律のことです。
これにより消費者金融は以前までの経営をすることは出来なくなり、結果審査が厳しくなる結果になりました。

このことから消費者金融は即日現金化をするのには向かず、申請をするだけで1日が終わってしまうなんてことも珍しい話ではありません。

そんな利用者のニーズに合わせるようにどこの現金化業者も「最短5分入金!」というキャッチフレーズで集客を始めました。

今となっては「最短○分」と書かれていない現金化業者を探すほうが難しい有様となっています。

どこも目立つ部分にキャッチフレーズが書かれており、サイトを見ていると目に付くことでしょう。

現金化業者も利用者が早く現金を必要としていることを把握していますので、他社に負けないアピールのためにこのような広告を打ち出しているのです。

事実、入金時間が早い現金化業者は人気の優良店と言われており、口コミでも「最短5分で入金してもらえて助かりました」といった内容の口コミが多く書かれています。

しかし、この最短5分というのは本当に実現可能な入金時間なのでしょうか?

現金化の口コミのほとんどが自作自演の口コミであるというのは有名な話であり、口コミだけはとても信用できたものではありません。

最短5分で入金してもらえるであれば嬉しい話ですが、実際に入金されるのかどうかという気になる疑問を明らかにしていきましょう。

最短5分で即日入金はあり得ない

クレジットカード現金化の入金時間は誇大広告

結果から言うと、実際に最短5分で取引をできる利用者は存在しません。

こういった現金化業者の広告に騙され、理想より長い時間待たされたという利用者も少なくありません。

その理由はクレジットカード現金化の仕組みにありました。

現金化を利用するときには、

  1. 利用者の本人確認
  2. カードで指定された商品を購入
  3. 現金化業者からの入金

という手順を踏む必要があります。

冷静に考えてみれば、この3つの手順を5分で終わらせることは不可能です。

リピーターであれば本人確認の手間は省けますが、それにしても残り2つの手順を5分で終わらせることはできないでしょう。

つまり、最短5分というのは現金化業者による誇大広告ということになります。

とはいえ、現金化業者も決して嘘の広告を打ち出しているワケではありません。

ここでの入金時間はあくまで「最短」であって平均ではないのです。

つまり、一回でも5分で取引をしたことがあれば最短5分入金と言い続けることが出来るということになります。

また、中には小さく「カード決済から入金までが最短5分」と書いている現金化業者もいます。

どちらにしても嘘ではありませんので、文句をつけることはできませんが利用者の期待を裏切るものという意味では変わりません。

現金化を利用するときには最短○分は実現しないものだということを理解した上で利用しましょう。

とはいえ、即日現金化を謳っている業者であればその日の内に入金は行われますので、本日中の入金であれば充分実現可能です。

実際にかかる入金時間は?

クレジットカード現金化の入金時間は誇大広告

最短5分入金は嘘であるということが発覚しました。

では、実際には現金化を利用した際にかかる時間はどの程度なのでしょうか?

現金化業者のサイトから申し込みを行い、入金までにかかる時間は

  • 新規利用者なら1時間
  • リピーターなら30分

ほど掛かるのが通常です。

最短5分とは行きませんでしたが、どちらにしても1時間あれば問題なく現金化を利用することが出来ますので即日現金化を希望の人は充分間に合わせることのできる時間でしょう。

取引時間を早くする裏ワザ

クレジットカード現金化の入金時間は誇大広告

とはいえ、元から最短5分を必要としていたのであれば1時間といえども厳しいという人もいるかと思われます。

予定が目の前に迫ってきていては気持ちも焦ってしまい、不安になりますよね。

そんなときは取引時間を多少早くする裏ワザを利用しましょう。

  • 身分証と顔写真を用意しておく
  • 申し込みフォームを活用する
  • 質問リストを用意しておく

この3つの裏ワザについてお話いたします。


クレジットカード現金化の入金時間は誇大広告

まず1つめの「身分証と顔写真を用意しておく」ですが、先程も言ったように現金化の利用の際には本人確認が必要となります。

しかし、インターネット取引のため実際に会って本人確認をすることはできません。

では、どうするのかと言うと身分証を片手に持った状態で顔写真と一緒に携帯のカメラ機能で写真を撮り、それを現金化業者に転送することによって本人確認手続き完了します。

この写真を事前に用意しておくことで本人確認の手間を大幅に短縮することができますので結果的に入金スピードも速くなることでしょう。

2つめの「申し込みフォームを活用する」ですが、現金化業者に取引を依頼するときの手段としては電話申し込みと申し込みフォームの2つがあります。

現金化業者のサイトにはよく「お急ぎの方は電話申し込みを!」と書かれていますが、これは間違いです。

新規利用者の場合、名前や電話番号、住所にメールアドレスと取引のために必要な情報がたくさんあります。

その全てを電話で伝達するのは難しく、新規の方が電話申し込みをすると余計な時間がかかってしまうことがほとんどです。

急がば回れということで、電話より申し込みフォームから先に情報を渡しておくことが取引をスムーズに行うための秘訣です。

3つめの「質問リストを用意しておく」ですが、現金化業者に電話をしたら契約が完了するわけではありません。

もちろん、質問無しにして取引を進めることも可能ではありますが換金率の問題を考えれば、現金化業者への質問は必須でしょう。

しかし、初心者の方からすると何を質問すればいいのか解らずにただ無駄な時間を過ごしてしまうことが多いです。

契約内容も上手くまとまらずに、成功した現金化とは言いづらいものになってしまうでしょう。

そんな事態を防ぐためには、何を現金化業者に質問するのか事前にリストを作成しておくのがいいでしょう。

換金率・手数料・入金スピードと順番にリスト通りに聞いていけば、初心者でも問題なく取引に臨むことができます。

質問する内容については「クレジットカード現金化ガイド入門編」の記事を読んで決めることをオススメします。

この3つの方法を使って入金スピードを少しでも早くして現金化を活用しましょう。

まとめ

クレジットカード現金化の入金時間は誇大広告

現金化業者のサイトにはどこも最短5分入金完了!と目立つ文字で書かれています。

確かに現金化は他の現金取得方法よりは早く現金を手に入れることができます。

しかし、最短5分で入金というのは現金化業者の誇大広告で、実際には存在しません。

この最短5分というのは、集客のためのキャッチフレーズなので皆さんも騙されないようにしてください。

基本的には現金化取引にかかる時間は、1時間ほどだと考えておくと慌てずに現金化を利用できるかと思われます。

裏ワザを使えば、新規利用でも30分までに短縮することもできますので、皆さんも実際に必要な時間を理解して現金化を上手く活用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。