携帯だけ持ってればOK!クレジットカード現金化の携帯キャリア決済で即日現金化!

クレジットカード現金化の携帯キャリア決済について

クレジットカード現金化はクレジットカードを持っていなければ利用できない方法と言われていました。

クレジットカード現金化を利用したい初心者の方もそのように考えていることでしょう。

しかし、それはもう昔の話です。

今となっては携帯キャリア決済と呼ばれる方法が存在しており、この方法は誰しもが持っている携帯を使った方法なので、言ってしまえば日本全国で利用できない人はほとんどいない方法となっています。

その利用金額は契約している携帯会社の依存しますので一概には言えませんが、この方法を知っておけばクレジットカードを持っていない方でもいざという時のお金をすぐに用意することができるでしょう。

では、その携帯キャリア決済とは一体どのような現金化の手法なのでしょうか。

今回は携帯キャリア決済による即日現金化についてお話します。

携帯キャリア決済のメリット

クレジットカード現金化の携帯キャリア決済について

気になる携帯キャリア決済の仕組みの前に、まずは携帯キャリア決済のメリットから知っていきましょう。

携帯キャリア決済を利用すると通常のクレジットカード現金化と比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • クレジットカードが無くても現金化利用可能
  • 携帯キャリア決済は審査不要

の2つが主なメリットとしてあげられます。

この2つのメリットを詳しく見ていきましょう。

クレジットカードが無くても現金化利用可能

この現金化は携帯のキャリア決済を利用した方法です。

携帯さえあればキャリア決済を利用することができるため、クレジットカードは不要となります。

常々クレジットカード現金化の欠点はカードも所持していなければ利用できないことだと言われ続けてきましたが、携帯キャリア決済であれば誰にでも利用できる方法となるのです。

クレジットカードのショッピング枠を使い切ってしまった方や金融ブラックでカードが作れない方にとって大きな味方となるサービスと言えるでしょう。

携帯キャリア決済は審査不要

クレジットカード現金化は中古品買取業であるため、商品さえあれば誰でも利用できるというところがメリットと言われています。

しかし、商品を用意するのにはクレジットカードが必要となり、カードを作るためにはカード会社の審査を乗り越えなければなりません。

そのカード会社の審査も決して簡単なものでは無いため、クレジットカードを作ることができず現金化を利用できないという人もたくさんいます。

そういった人の強い味方となるので携帯キャリア決済です。

クレジットカードを必要としない手段のため当然、カード会社による審査は存在しません。

すなわち、携帯キャリア決済はどんな人でも利用できる利便性の高い現金取得方法と言えるでしょう。

携帯キャリア決済の現金化とは

クレジットカード現金化の携帯キャリア決済について

携帯キャリア決済とは月々支払う携帯料金に商品の代金を上乗せして後払いにすることができるサービスとなっています。

皆さんもスマホゲームをやっている時に課金をすることもあるのではないでしょうか。

この課金のように、携帯電話をクレジットカードのように扱うことができます。

その携帯キャリア決済の呼ばれ方は携帯会社によって異なり、

  • ソフトバンク:まとめて支払い
  • au:auかんたん決済
  • ドコモ:ドコモケータイ払い

が主な携帯キャリア決済の呼ばれ方でしょう。

実はあまり知られてはおりませんが、この携帯キャリア決済を使ってでも商品を購入することができます。

つまり、その商品を転売することによってクレジットカードを持っていなくても現金化をしてしまおうという方法ということです。

しかし、この誰にでも利用できる便利な携帯キャリア決済ですが、その特徴は良いものばかりではありません。

高い利便性の代わりに別のデメリットを含んでいます。

携帯キャリア決済のデメリット

クレジットカード現金化の携帯キャリア決済について

では、携帯キャリア決済のデメリットとは一体何なのでしょうか?

デメリットは大きく分けて、

  • 換金率が70%~85%
  • 利用金額に制限がある
  • 返済方法は必ず一括払い

の3つがあげられます。

どれも無視することはできない大きなデメリットなので、携帯キャリア決済の利用を検討している方はデメリットについてもよく知っておきましょう。

換金率が70%~85%

クレジットカード現金化で業者を利用した場合の換金率の相場は85%~89%だと言われています。

しかし、携帯キャリア決済を利用した場合だとその相場は70%~85%と通常の現金化と比較してみると15%ほど少なくなってしまいます。

10万円現金化に利用すれば15,000円となりますので利用金額が増えるほど痛手となります。

更に携帯キャリア決済は最低買取率が低く、85%で取引をしてくれる優良店はほとんどありません。

大抵の業者は70%での取引が主になりますので、携帯キャリア決済を利用するのであれば低換金率での取引になることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。

利用金額に制限がある

携帯キャリア決済にもクレジットカードのショッピング枠と同じように利用限度額が定められています。

まずは各キャリア会社の利用限度額をご覧下さい。

会社名10,000円30,000円50,000円100,000円
auかんたん決済~19歳20歳以上利用状況により増額利用状況により増額
ソフトバンクモバイル3ヶ月未満20歳未満3ヶ月以上20歳以上3ヶ月以上利用状況により増額
ドコモケータイ払い4ヶ月未満5ヶ月~24ヶ月25ヶ月以上利用状況により増額
※契約内容は利用状況によって異なります。詳細は各キャリア会社のサイトをご確認ください。

このように利用金額を上げるためには様々な制限が携帯キャリア会社から課せられています。

そして、その条件を達成したとしても利用限度額は10万円までとなっています。

携帯キャリア決済が換金率70%であることを考えると、実際には月に7万円までしか利用することができない方法となります。

多額の現金化に流用するのは不可能なので注意しましょう。

返済方法は必ず一括払い

携帯キャリア決済は元々借り入れをするための物ではありません。

あくまで利用方法は一時的な支払いの手間を省くために電話料金として立て替えておくためのものです。

そのため分割やリボ払いといった支払い方法はなく、月末の一括払いのみとなっています。

いくら現金が欲しいと言っても月末に一括で支払うのは厳しいという方がほとんどでしょう。

何度も無理な現金化を繰り返していけば、いつしか借金を返すために借金を重ねていくようになってしまうのは想像に難くありません。

現金化は免責不許可自由に該当するため、自己破産をしても借金が免責されることもできずにどうしようもない状態になってしまうでしょう。

携帯キャリア決済の使いすぎに注意

クレジットカード現金化の携帯キャリア決済について

このように携帯キャリア決済はクレジットカードを持っていない人でも利用できるため現金化サービスの中でも稀少性の高いサービスです。

一部では近未来型の現金化とまで呼ばれており、これから現金化を利用する方にとって便利な方法となるのは間違いないでしょう。

しかし、その利便性の高さから使いすぎてしまうという利用者も後を断ちません。

誰しもが知っていることですが、現金化には必ず手数料がかかるため利用すればしただけ手数料分損をしていることになります。

特に携帯キャリア決済はクレジットカード現金化と比べて換金率が低く、その手数料の割合は大きくなっています。

携帯キャリア決済は身近にある携帯で出来るメリットの多い現金化ですが、使いすぎれば毒ともなりますので利用する際には注意して利用しましょう。

携帯キャリア決済は最後の手段

以前よりクレジットカードが持っていない人が利用できる現金化を求める声が上がっていましたが、実現させるのは難しいことでした。

しかし、この携帯キャリア決済であれば余計なカード会社からの審査も無く、例え未成年(18歳以上)であろうと何も問題なく現金化を利用することができます。

とはいえ、換金率が悪いことは事実であり、他にも支払い方法が一括に限られていることや利用金額が最高でも10万円までであることなどを考えるとデメリットも少ないとは言い切れないでしょう。

普段から使うのはクレジットカード現金化にしておいて、携帯キャリア決済は最後の手段と考えておくのが良さそうです。

クレジットカードを所持していなくてどうしても携帯キャリア決済を利用したいという方は自身の収入を考えて月末には返済可能な金額に抑えるなどの工夫をしなければ、最終的に未来のあなたが困る事になるかもしれませんよ。

目先の問題を解決することも大切ですが、月末に支払いが待っていることも忘れずに現金化を上手く活用していきましょう。

>>【必須】クレジットカード現金化の初心者のためのお役立ち情報まとめに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。