現金化で利用停止になったらクレジットカードが使えなくなるって本当?

現金化で利用停止

現代社会で最も多く使われている資金調達法はクレジットカード現金化ではないでしょうか?

総量規制が施行され消費者金融での借入は非常に厳しくなりました。

借入れができたとしても当事者の年収にも関わることから希望金額は借りられません。

カード現金化は収入に関係なくショッピング枠残高範囲内であればお金を用立てることができます。

大変利便性があり手頃に資金繰りできることからクレジット現金化を利用する人は多いのでしょう。

カード現金化はメリットもあればデメリットもあります。

マイナス面があることに関しては非常に気になってしまうのではないでしょうか?

特にクレジットカードが使えなくなってしまうのではないかとハラハラすることでしょう。

現金化で利用停止になったらクレジットカードは使えなくなるって本当?と聞く人が多いです。

果たして、クレジット現金化をするとカードは利用停止になるのでしょうか?

クレジット現金化をしたらカードが使えなくなるって本当?

現金化で利用停止
クレジットカード現金化は大変手頃に資金調達ができます。

しかし、カードのショッピング枠現金化は利点ばかりでなくマイナス要素もあるのです。

人はメリットと聞きますとそれほど気にはしないのですがデメリットは非常に気にします。

クレジットカード現金化は利便性がありますが問題点も多いです。

問題点と聞きますといろいろなことが頭をよぎるのではないでしょうか?

クレジット現金化をしたらカードが使えなくなるって本当?と気にする人が多いと思います。

クレジットカード現金化は利用規約違反

現金化で利用停止
クレジットカードのショッピング枠を換金目的に使用することは禁止されているのです。

クレジットカード現金化は本来やってはいけません。

カードのショッピング枠を現金化することはクレジット会社の利用規約違反です。

したがって、クレジット機能を使ってお金を手に入れる人をカード会社は断じて許しません。

クレジット現金化が違反行為ならば信販会社にばれるとカードは利用停止になるのか気になります。

クレジット現金化を目的にショッピング枠を使っている人の見分けをカード会社はどのようにしているのでしょうか?

現金化でカードが利用停止になりやすい使い方

現金化で利用停止
カードのショッピング枠現金化はクレジット決済が成功しませんとお金は振り込まれません。

カード会社が決済を認証しませんとショッピング枠は取引業者から現金化されないのです。

クレジット信販会社はショッピング枠現金化をする人には厳しい目で見ています。

そういった事情があるのにも関わらず、カード現金化はどうしてできるのでしょうか?

その理由は、クレジットカードの使い方が鍵を握ります。

カード会社から現金化目的にショッピング枠を使っていることをばれない方法はあるのです。

ショッピング枠現金化でカードが利用停止になりやすい使い方を覚えておきましょう。

一度に高額決済はしない

現金化で利用停止
クレジットカード現金化はショッピング枠残高範囲内であればいくらでも資金化ができます。

少額もしくは大金であってもクレジット決済が無事にできれば現金化が可能です。

僅かなお金を用立てるならショッピング枠はさほど使いません。

まとまった現金が必要ならば使用するショッピング枠は高額となります。

クレジットカードが利用停止にならいためには一度に高額決済はしないことです。

多額のクレジット決済を一気にやってしまいますとカード信販会社が不審がります。

現金化を目的にショッピング枠を使用しているとしか判断されるわけではありません。

その他に第三者の不正利用と見られてしまう可能性もあるのです。

日常で高額の買物をカードでしていない方が一度に全てのショッピング枠を使い切ろうとすると信販会社はすぐに認証しません。

カード名義人に電話で使用目的を確認し本人が使用することが分かった時点で認証されます。

もちろん、その際は現金化を目的にショッピングをしたことは口外しませんように。

まとまった現金が必要であれば高額のショッピング枠を使うことは目に見えています。

仮にショッピング枠を100万円分使いたいのであれば、日にちと金額を分けてクレジット決済をすると良いでしょう。

30万円と20万円を2回ずつ計4日間に分けてクレジット決済を行えば無事に現金化はできます。

このようにしてクレジット決済をすればカードの利用停止は避けられるでしょう。

複数枚のクレジットカードを使う

現金化で利用停止
今からお話しすることは先程の件につながりがあります。

ショッピング枠現金化で利用停止を恐れている人は複数枚のクレジットカードを使うことです。

高額ショッピング枠を現金をする場合は日数と決済金額を振り分けする必要があります。

しかし、当日中に現金が欲しい方ですと都合が悪い現金化となってしまうのです。

その日のうちに現金化をしたいならクレジットカードを何枚か用意してください。

一度にクレジット決済をする額面は最大50万円以下にすることが理想です。

とはいえ、1回の決済金額を49万円にすれば良いのかといえば話は変わります。

クレジット決済金額はできるだけ低く抑えるのが良いと言われているのです。

ショッピング枠70万円分を使って即日現金化したいならカードは最低でも2枚は必要になります。

35万円ずつ決済するのも良いですが40万円と30万円ずつ2枚のカードで切るのが理想です。

決して均等にショッピング枠を分けて決済をしてはいけないということではありません。

しかし、同額にしない方がカード会社に現金化目的の決済だということがバレにくいです。

巨額のショッピング枠現金化を検討されているならばカードは複数枚使うと良いでしょう。

銀行が発行元のカードは避ける

現金化で利用停止
クレジットカードにはそれぞれ銘柄があります。

Visa、Master、JCBなどがあり他にもAMEXがありカードブランドは様々です。

更に分けますと種類も違います。

中には、銀行が発行元のクレジットカードもあるでしょう。

カードのショッピング枠現金化はクレジット機能さえ付いて現金化は可能です。

ショッピング枠が残っているのにも関わらず現金化ができないカードもあります。

それは、銀行が発行しているクレジットカードです。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 西日本シティ銀行

これら以外の銀行が発行のクレジットカードもあります。

今あげた4種類のクレジットカードをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

しかし、ショッピング枠現金化でお金を用立てるのはふさわしくないカードがあります。

三菱東京UFJ銀行のカードはニコスが提携しておりますので現金化をするのは問題ありません。

みずほ銀行はANAなどが提携していますので現金化をしても大丈夫です。

三井住友銀行と西日本シティ銀行は現金化をするのは難しいカードです。

三井住友銀行はクレジット信販会社と提携しており非常に現金化をするのが難しくなっています。

西日本シティ銀行の場合は自店がメーンバンクとなっているので現金化はほぼできません。

但し、三井住友銀行のクレジットカードは決済の仕方によっては現金化は可能です。

キャッシュバック方式の現金化で手続きをするなら8万円までに抑えて決済すれば問題ありません。

総額50万円分のショッピング枠を現金化するにしても決済額が8万円を越えずに数回行えば無事に現金化ができるのです。

クレジット現金化でカードが利用停止になった人はいる

現金化で利用停止
以上述べたことに注意していただければ現金化でカードが利用停止になることはないでしょう。

では、カード現金化で利用停止になった人はいるのでしょうか?

クレジット現金化でカードが利用停止になった人はいます。

取引先の現金化業者の選定が悪かったこともありますが無茶をする人が多いのです。

お金を用立てたい人は今すぐお金が欲しいと願う人が大勢います。

現金化業者に依頼さえすればすぐにお金が手に入ると思われている人が大勢います。

しかし、額面によっては時間をかけて手続きを踏んでいただかなければ無事に取引ができません。

カードが利用停止になってからでは遅いのです。

お客様のニーズに沿って対応したいという現金化業者はたくさんあります。

お互いの信頼なくしてクレジットカード現金化はできません。

一番の恐れはクレジットカードが利用停止になることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。