こんな時におすすめ!クレジット現金化の使い道3選

クレジット現金化使い道ベスト3

利用の仕方によってはクレジット現金化は超便利!

クレジット現金化は超便利

近年その利用者を増やしているクレジット現金化ですが、この現金化という方法は使い方さえ間違わなければ非常に便利に利用できる優れた現金入手方法と言えます。

まず第一に言えるのが、すでに所有しているクレジットカードを利用するため、カードローンの新規契約などを行う必要もありませんし、ショッピング枠に余裕があればその金額までであればいつでも使用可能となります。

クレジットカードは持っているが全く利用していないというケースであれば利用できる限度額も非常に余裕がありますし、現金化を行う際に分割などでの利用にすれば利用したショッピング枠の返済もそれほど負担にはならないでしょう。

要は使い方次第でクレジットカード現金化という方法はとても便利に利用できますし、急な出費の際やどうしてもまとまったお金は必要な場合にも利用することでお金の心配をする必要が無くなります。特に今から紹介するケースでは大きな力を発揮してくれるでしょう。

①消費者金融が利用できない場合に

消費者金融が利用できない方

急な出費が重なった場合に多くの人が利用するのが消費者金融のカードローンの存在です。消費者金融のカードローンの特徴としては、即日審査や即日融資が可能なため、急な場合でもお金を素早く用意することが可能という利便性が人気となっています。

しかし消費者金融のカードローンを利用する場合には必ず審査を行う必要があり、その審査を通過できない場合はカードローンの利用も出来ないことになります。消費者金融の場合、貸金業法の総量規制と呼ばれる厳しい規制も存在しており、利用できる金額の上限も決められています。

その金額の上限は年収の三分の一までとなっており、それ以上の利用はいかなる場合でも認められません。すでに他の消費者金融を利用していた場合には、年収の三分の一を超える借り入れになる可能性もあるため、その場合は消費者金融の利用が出来ないと言うことになります。

しかしクレジットカードの現金化の場合、ショッピング枠を利用することになるため、貸金業法の総量規制の規制対象とはなりません。何故ならクレジットカードのキャッシング枠であれば総量規制の対象となるのですが、ショッピング枠に関しては貸金業法ではなく割賦販売法での取り扱いとなるため、総量規制の規制が及ばない部分になります。

その為消費者金融の利用が規制により利用できない場合でも。クレジットカード現金化に関しては問題なく利用できるわけです。すでに所有しているクレジットカードのショッピング枠を利用するため、審査なども必要ありませんので、その点を考えた場合とても利便性が高く便利に利用できます。

②冠婚葬祭での出費が重なった場合に

冠婚葬祭が重なった

冠婚葬祭というものは予想がつきませんので、葬儀が何件も重なったとか結婚式に何度も呼ばれると言うことも考えられます。その場合、どうしてもご祝儀や香典にお金が必要になりますし、それが立て続けに起きた場合一気に金欠になる恐れもあります。

その際にクレジットカードの現金化を利用すれば、金欠の状態を改善することが可能になります。冠婚葬祭による一時的な金欠の場合、わざわざ消費者金融を利用するのも面倒だと言うことにもなりますし、貯金を切り崩すのは忍びないということにもなります。

その場合にクレジットカードの現金化を利用すれば、消費者金融のカードローンなどの契約も必要なく、貯金を切り崩すこともないまま金欠状態を解消することが出来ます。現金化の場合、ショッピング枠の限度額までであれば少額でも利用できますので、上手く利用すれば冠婚葬祭などが重なっても乗り切ることが出来るでしょう。

③クレジットカードのキャッシング枠が限界の場合に

キャッシング枠がいっぱい

消費者金融のカードローンと同じようにお金を借りることが出来るものに、クレジットカードのキャッシング枠の利用というものがあります。

このクレジットカードのキャッシング枠は、決められた限度額までであればお金を自由に引き出すことが可能な便利な機能ですが、キャッシング枠の限度額はクレジットカード全体の限度額の一部と決められているためクレジットカードの限度額いっぱいまでの利用はできません。

しかもキャッシング枠の場合、返済に関しては翌月一括での返済が基本となるため使いすぎてしまうと返済が出来なくなるという恐れもあります。特に限度額いっぱいまで使用していた場合には、お金が必要であっても引き出すことは出来ませんので消費者金融の利用などを考える必要も出てきます。

しかしキャッシング枠は消費者金融と同じ貸金業法の扱いとなるため、もしキャッシング枠の利用額が多い場合には消費者金融の申し込みで審査が通過できないと言うことも考えられます。

そういった場合にクレジットカードの現金化を利用すると、クレジットカードの限度額までであれば全て現金化することが出来ますし、キャッシング枠のように翌月一括で返済しなくても分割やリボ払い、ボーナス払いなどで現金化の利用を行う事も可能となります。

キャッシング枠ではそういった返済方法が基本的には用意されていませんので、ショッピング枠の現金化のほうがキャッシング枠よりも便利に利用が出来ます。それと金利に関してもショッピング枠のほうがキャッシング枠よりも低く設定されている場合がほとんどですその為金利を考えた場合でもクレジットカードの現金化のほうがメリットが大きい場合があります。

使い方に注意して使用しましょう

クレジット現金化には使い方に注意

クレジットカードの現金化は気軽に利用できる現金入手法ですし、持っているクレジットカードを利用する為面倒な契約なども必要なく、日頃クレジットカードの利用を行わなわず、ただ何となくカードを作っている人でもカードの有効利用が可能になります。

しかしクレジットカードの現金化は法律的には違法性がなく罰則などもありませんが、カード会社の利用規約では禁止されている行為となります。その為使い方を誤ればそれはカード停止に繋がる事案となりますし、カード停止処分になった場合はすなわち、それ以降のクレジットカード利用が一切出来なくなると言うことになります。

その為クレジットカード現金化が便利だからと多用したり、現金化がすぐにばれるような現金化の方法を利用することには注意しなければいけません。

例えば換金率高く現金化しやすい商品券やAmazonギフト券を購入してそれを売却する現金化の方法は、すぐにカード会社にばれてしまいますし、高額なブランド品を購入してそれを買取してもらうタイプの現金化に関しても、立て続けに同じ商品を購入していた場合にはカード会社に目を付けられてしまい、現金化を疑われることにもなりかねません。

その為クレジットカードの現金化を行う場合は頻繁に利用しないことや、一度に多額のショッピング枠を現金化しないこと、そして出来るだけカード会社にばれにくい現金化の方法を選ぶことが重要なポイントとなります。

それとクレジットカードの現金化は便利で利便性が高いけれど、それなりのリスクも生じるということを十分に理解した上で利用することも必要となります。あくまでもクレジットカードの現金化は自己責任で行うということを頭に入れて、どうしても利用しなくてはいけない場合のみ、利用を行うようにするとよいのではないでしょうか。

特に今までショッピング枠を利用していなかった人は、急激に利用金額が増えると疑われる元となりますので注意をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。