現金化行為でカードの利用停止になる可能性について

現金化でカードが利用停止になる可能性

現金化でカードの利用停止になる可能性は?

現金化で利用停止になる可能性

急な出費などでお金が必要になった場合に、近年利用が増えているのがクレジットカード現金化という方法です。このクレジットカード現金化という方法は、すでに契約して所有しているクレジットカードを利用して現金を用意する方法です。

それならキャッシングのことでは?とクレジットカードのキャッシング利用を思い浮かべる人も少なくないと思いますが、実はクレジットカードの現金化はもともとクレジットカードの基本機能として備わっているキャッシング機能を利用するのではなく、買い物の際にその支払いに使用するショッピング枠を利用してその枠を現金にする方法となります。

その為キャッシング枠とは根本的にその利用方法が異なりますし、本来買い物にしか利用できない枠を現金に替える方法となりますので、その利用に関してはクレジットカードの本来の使い方とは大きくかけ離れた使用方法となります。

しかし現在のところクレジットカード現金化に関する法律というものは存在しておらず、仮にキャッシング枠を現金化した場合でも国の法律によって罰されると言うことはありません。

その為違法性が無いと言う理由だけで気軽に利用するクレジットカード所有者が増加しているわけで、それがクレジットカード会社を悩ます大きな問題となっています。

基本的にクレジットカード会社においては法律での違法性が無いとはいえ、元々のカード契約に関する利用規約においてカードの現金化を禁止していますので、もしカードの現金化がクレジットカード会社にばれてしまった場合はカード利用規則違反という烙印を押されてしまうことになります。

そうなるとペナルティとしてカード利用停止と言う措置を取られてしまうことになります。

現金化とカード利用規約との関係

現金化と利用規約について

クレジットカードを契約する場合、必ずカード利用規約という規約に同意した上でその契約を承認されることになります。

このカード利用規約にはカードの使い方や利用した金額における返済に関する決まりなどが事細かに決められて記載されています。その中にはショッピング枠とキャッシング枠の正しい使い方や、使う上での注意書きなども記載されており、カード現金化に関してもその利用の禁止事項などが必ず記載されています。

何故クレジットカードの利用規約においてカード現金化を禁止しているのかと言えば、本来クレジットカードのショッピング枠は買い物をする際の決済のみに使用が許される枠で、その運用は割賦販売法と呼ばれる法律で運用されています。

この割賦販売法は指定した商品の支払いに使用することを前提として運用される法律ですので、不特定利用に当てはまるキャッシングとはその趣が全く異なることになります。

キャッシング枠の場合は現金を借り入れすることで不特定な利用でもOKとなっていますが、その場合は貸金業法と呼ばれる法律での運用となっています。この貸金業法での運用に関しては総量規制と呼ばれる規制の対象となり、年収に応じた借り入れ額の上限を規制しています。

規制を行う事で無理な借り入れを防止する意味もありますので、キャッシング枠に関しては人それぞれ利用できる枠が異なっているわけです。しかし本来買い物のみに利用できるショッピング枠を現金化した場合、それは貸金業法での利用とはなりませんので総量規制の対象とはなりません。

そうなると本来借り過ぎを防止するための法律である総量規制の目をかいくぐり現金を不正に借りることが出来ることになるため、クレジットカード現金化により債務超過に陥る人が増加する恐れもあるわけです。

そうならないためにカード会社では現金化に対し厳しい対応を行っており、利用規約においても現金化を行った場合のペナルティを定めているわけです。そう考えた場合にはクレジットカード現金化は本来の使い方ではない非常に違法性の強い使い方だと言えます。

換金性の高い商品を購入するだけでも危険?

換金性の高い商品の購入も危険

クレジットカードの現金化は法的には違法性は無いですがカード会社の利用規約の上では違法となる使い方です。その為現金化が目的ではない場合でも、換金性の高い商品をまとめて購入したり、間を置かずに何度も同じ換金性の高い商品を購入したりすると現金化を疑われることになります。

例えば換金性の高いブランド品を何度も購入してしまうと、その行為だけで現金化を行おうとしているのではないかと疑いをかけられることも考えられます。その場合にはカード会社から確認の連絡が入ることになり、購入した商品の用途などを詳しく説明しなくてはいけなくなる場合もあります。

商品券やギフト券をクレジットカードで購入した場合も同様で、本来利用規約において換金性の高い商品券などの購入は禁止されています。それを知らないまま商品券やギフト券をクレジットカード決済してしまうとそれだけで現金化を疑われる行為となります。

悪質でなければしっかりと説明することでカード利用停止は免れることが出来ると思いますが、頻繁に換金性の高い商品やギフト券を購入することは、カード会社から目を付けられてしまうことにもなりますし、悪意が無くても最悪の場合はカード利用停止に追い込まれることになる可能性も否定できません。

カードが利用停止にならない方法

利用停止にならない方法

カード利用停止を防止するためには、カード現金化を疑われるような使い方を一切行わないということが最も重要になります。

例えばブランド品などを立て続けにクレジットカードで決済しないことや、本来禁止されているギフト券などはカード決済で購入しないということがカード利用においては守るべき使い方となります。

それと仮に現金化のためにクレジットカードのショッピング枠を利用する場合でも、一度に多額の金額を現金化しないことや、短期間の間に複数回に渡って現金化の利用をしないと言うことも重要なポイントとなります。

一度でも現金化を疑われてしまうとカード会社のマークが外れることはまずありませんので、疑われるようなクレジットカードの使い方をしないと言うことが最も大事なことになります。

そうすることでカード利用停止に追い込まれることは無くなりますので、本来の使い方から外れた使い方などは避ける必要があります。間違った使い方さえしなければカード利用停止は避けることが出来ます。

現金化の危険性を認識しましょう

現金化の危険性を認識する

クレジットカードの現金化が拡大している背景には、消費者金融での借り入れが総量規制により厳しく規制されていることも関係しています。

しかしクレジットカード現金化を利用した場合には、カードローン利用よりも高い手数料を現金化業者から請求されることにもなりますし、現金化が出来たとしてもその後には必ず返済という形でお金を返さなければいけない義務が生じて決ます。

もしクレジットカード現金化を行いそれがカード会社にばれてしまえば、カード利用停止によりそれ以降のカード利用が出来なくなりますし、利用した金額の返済だけは残ることになります。

そうなるとカード利用停止後の生活が著しく不便なものとなるのは言うまでもありませんので、気軽にクレジットカードの現金化を利用しないと言うことと、本来カード利用規約では現金化が禁止されていることなどを正しく理解して、自分の不利益にならないようなクレジットカードの正しい使い方を行うように心がける必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。