ショッピング枠現金化の取引では業者に何を写メすれば良いの?

何を写メすれば良いの?

取引をする現金化業者には必要書類を求められます。

クレジット現金化では使用するカードの名義人から申込依頼をしているかどうかを業者が確認してからではないと取引をすることができません。

クレジットカードは利用規約にもあるように名義人以外の人が使用することは禁じられています。

しかし、クレジットカードを名義人以外が持っていればショッピング枠現金化を行うこともできてしまうのです。

各現金化業者はカード名義人が申し立てをしているのか確認するため必要書類を携帯電話のカメラ機能を使って写メをさせます。

では、ショッピング枠現金化の取引では業者に何を写メすれば良いのでしょうか?

現金化業者には必要書類を写メールしなくてはいけない

何を写メすれば良いの?
クレジット現金化はショッピング枠残高のあるカードを持っていれば誰でもできます。

ショッピング枠現金化はお金に関わる取引ですが審査不要で資金調達が可能です。

但し、カードでお金を作るには現金化業者に必要書類を写メールしなくてはいけません。

クレジットカードのショッピング枠が残っているからといって誰でも現金を用立てることができるわけではないのです。

どうして、カード現金化では契約を交わす前に写メをしなくてはいけないのでしょうか?

カード名義人以外が現金化はできない

何を写メすれば良いの?
クレジットカードは名義人以外の人がショッピング枠やキャッシング枠を使うことは許されておりません。

これは、クレジット信販会社の利用規約に寄るものでいかなる場合であっても名義人ではない人がカードを使用してはいけないルールになっています。

そのため、ショッピング枠現金化もカード名義人以外はできないのです。

クレジット現金化はカードを持っている人であれば誰でもできることから他人が名義人を装って依頼申込することもできてしまいます。

しかし、クレジットカードの名義人以外がショッピング枠を現金化することは不正利用です。

こんなことが明るみに出てしまえばグルになっていたととばっちりを食らうことになるので現金化業者は依頼者から取引前は必要書類として写メを送らせます。

では、取引する現金化業者に何を写メールしなくてはいけないのでしょうか?

写メしなくてはいけない物

何を写メすれば良いの?
現金化業者は依頼者から申込をされても必ず取引に応じるというわけではありません。

クレジットカードの不正利用防止のため、現金化業者が提示する物を見せることができなければ契約を交わすことはできないでしょう。

取引する現金化業者によって請求される必要書類事項はそれぞれ違います。

では、現金化業者に写メしなくてはいけない物をお話しましょう。

身分証明書の両面

何を写メすれば良いの?
ショッピング枠現金化は最低限身分証明書を取引業者に写メしなくては契約はできません。

買取方式は物を換金するので古物の取引上身分証は必要となります。

キャッシュバック方式でも不正のクレジット決済を行わせないため免許証など表面と裏面を画像で写メールしなくてはなりません。

その他でいえば、保険証や住民基本台帳カードの身分証明書の両面は必要不可欠となります。

身分証を持った自画像

何を写メすれば良いの?
クレジットカードのショッピング枠現金化では必ず身分証は必要になると申しましたが、本人以外の他人が所持することができますので簡単に不正利用ができてしまいます。

免許証などの写真と同じ人が依頼しているのかを確認するため身分証を持った自画像を写メしなくてはショッピング枠現金化はできないかもしれません。

そうなりますと、保険証しか身分証明できない人は現金化業者と取引できない可能性もあります。

住まいが確認できる郵便物

何を写メすれば良いの?
現金化業者の大半は新規依頼者との契約前は入念に本人確認をしますので、身分証と自画像以外に住まいが確認できる郵便物の写メがないとショッピング枠現金化ができない可能性があります。

キャッシュバック方式では現金化業者から商品が配送されますので住所が確認できる公的な郵便物を請求することも考えられるのです。

郵便物に関しては写メールしなくても取引に応じてくれる現金化業者は多いでしょう。

クレジットカードだけは写メしないこと

何を写メすれば良いの?
カードのショッピング枠現金化はさまざまな画像が必要となるのがお分かりいただけたと思います。

カードでお金の利用者の中には詐欺師もいることから現金化業者は契約を交わす前は非常にナーヴァス状態になっているのです。

先程、申した3点の写真がないと取引に応じない現金化業者もいます。

取引する現金化業者によって必要書類事項はそれぞれ違いますがクレジットカードだけは写メしないことです。

ショッピング枠を使った現金化ではカード名義人が決済を行うため取引の際にクレジット情報を取引業者が知る必要はありません。

というよりも、カード情報は名義人以外に知られてはいけないのでクレジット現金化に限らず、誰にも口外しないでください。

今回お話した3点以上の写メを請求された場合は今一度踏みとどまることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。