カード現金化の方法はさまざま!利用方法と注意点について

カード現金化の利用方法

カード現金化サービスの種類は?

カード現金化の種類

クレジットカード現金化という方法は持っているクレジットカードを利用して現金を用意することが出来るサービスで、ここ数年で利用者が急激に増加している人気の方法です。その基本的な仕組みとしては、本来ショッピングの支払いに使用することになるショッピング枠を利用して、その枠を現金に替えてもらう方法となります。

このカード現金化には3つの現金化方法があり、それぞれに現金化を行う仕組みが異なることになります。大きく分けると最も主流となっているキャッシュバック方式、昔から利用されている買い取り方式、そして現金化業者を利用しない自分で現金化を行う方式の3種類があります。

どの方法を利用した場合でも必ずカードの現金化を行う事が可能ですが、それぞれにメリットとデメリットが存在していますので、それを知らないまま利用してしまうと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことも考えられます。その為クレジットカード現金化を考えている場合は、方式の違いを正しく理解した上で利用することが最も重要なポイントとなります。

キャッシュバック方式の現金化方法について

キャッシュバック方式の現金化

クレジットカード現金化の方法の中で、現在最も人気が高く利用しやすい方法がキャッシュバック方式と呼ばれる現金化の方法となります。このキャッシュバック方式での現金化の方法は、現金化を行っている業者から商品を購入しその商品に対して業者がキャッシュバックと言う方法で現金を返還する方法となります。

キャッシュバックされる金額に関しては利用したカードの金額に対し現金化業者が手数料を差し引き、残りの部分をキャッシュバックと言う形で利用者に還す形となります。

このキャッシュバックと言う方法では、一旦商品を購入している形となっているためショッピング枠の使い方としては問題がありませんし、キャッシュバックという方法も違法性が無いため現金化を行った場合でも法律的に罰則の対象とならない方法となります。

キャッシュバックの場合、限られた人が対象の場合は景品表示法として問題となるのですが、全ての人が対象のキャッシュバックの場合は利用者に対し一方的に有利となりますし、一部の利用者に限定していないため景品表示法での罰則対象からも外れることになります。そのため現在最も安全なカード現金化の方法として人気が高まっているわけです。

しかしキャッシュバック方式の場合でもデメリットは存在しており、現金化業者にも様々な業者がいますのでキャッシュバック率が非常に低く膨大な手数料を取られてしまうケースや、キャッシュバックのために購入した商品は二束三文の使い物にならないものだったりと、現金化のために購入する商品ですのでそのほとんどが利用価値の無いものがほとんどです。

もし換金率も低く商品もダメな現金化業者を利用した場合、現金化自体が大損に繋がることも考えられます。

買い取り方式の現金化方法について

商品買い取りの現金化

買取り式と呼ばれるカード現金化の方法は、キャッシュバック方式よりも前から行われていたカード現金化方法です。

この買取り式での現金化の流れとしては、業者が販売している商品を購入してそれをそのまま業者に送り返すことで買取をしてもらう方式と、業者が指定している商品を他で購入し、それを現金化業者に買取してもらうことで現金化を行う方法となります。

どちらの場合でも商品を一旦購入してそれを買い取ってもらい現金を受け取ることになるため、多少現金化に時間がかかることになります。しかし業者が扱っている商品の場合でも、指定した商品の場合でも確実に買取をしてくれますのでカード現金化に関しては問題なく行うことが出来ます。

買取金額に関しては業者側が指定した金額となり、現金化の手数料を差し引いた金額が買取金額となっています。その為買取金額=現金になる金額となります。買取り式のデメリットとしては、買取り式の現金化は現金化業者が逮捕された事例が存在しており、買取式での現金化自体が違法だと裁判で判決が下っています。

その為キャッシュバック方式と比べるとリスクが高いですし、買取式を利用した現金化の場合、もし自己破産を行った場合に免責不許可となる可能性が極めて高いため、デメリットがとても大きな方法となります。

業者を使わないクレジットカード現金化方法

クレジットカード現金化業者を使わない現金化

カード現金化で業者を利用するのがどうにも不安な場合や、業者に対してイマイチ信用が置けない場合には、カード現金化を行う事が難しくなります。その場合に簡単に利用できるのが業者を使わない現金化という方法です。

この方法は自分自身でクレジットカードを利用して換金率の高い商品などを購入してそれを売却することで売却益を得る方法となります。この場合、現金化業者を利用しないため業者を利用することで生じるリスクを回避することが出来ますし、悪徳業者に高い手数料を取られる心配もありません。

自分で購入したものを買取店で売るだけですので非常に簡単に現金化を行えると言うメリットもあります。基本的には換金率が高ければ高いほど現金化した際の金額が増えることになりますので、何を購入してどこに売却するのかを考える必要があります。

換金率の高い物としてはブランド品や金券の類、新幹線の回数券などが現金化しやすい商品となっています。金券の場合は90~95%程度での換金率となっているため、業者を利用するよりも遥かに手にすることが出来る金額が多くなります。

しかし業者を使わない現金化の場合、換金率の高い商品をカード決済すること自体がカード会社に目を付けられる原因となりやすいですし、金券や新幹線の回数券に関しては、カード決済自体がカード利用規約に違反する違法行為となります。

法律的な罰則は無いように感じますが、ブランド品などを購入した場合はその支払いが終了するまでは所有権がカード会社に帰属することになるため、売却することで横領罪を適用される可能性もあります。それとブランド品の場合は買取価格が変動することも多く、安定した金額での売却が行えないことも考えられます。

現金化はどの方法でも注意が必要

カード現金化の種類と利用方法について

クレジットカードの現金化はどの方法を利用した場合でも必ずメリット以上のデメリットがあると考えなければいけません。特にキャッシュバックを除く買い取り方式と自分で売却する方式に関しては、違法性が高くカード会社も常に目を光らせている方式となっています。

もし利用がおかしいと判断されてしまうとカード利用に対する追及を行われることになりますし、その時点で現金化が発覚すれば即時カード利用停止処分となることは言うまでもありません。

キャッシュバック方式に関しては現在のところ安全だとは言われていますが、利用する業者によっては現金化がカード会社にばれることも考えられますし、悪質な業者を利用してしまうと現金化できずにカード情報だけを盗まれたり、カード利用はしたのに現金が振り込まれないというトラブルも実際に起きています。

そうなるとカード被害届を提出することにもなり、結果的にカード現金化がばれてしまうことになるので。どの方式でも100%安全ということはありませんので、それを十分に理解した上でカード現金化を利用することが利用者に求められることになるでしょう。

本来カード現金化自体が非常にグレーな使い方ですし、ショッピング枠の使い方としてはカード利用規約で禁止されていることも理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。