カード現金化で本当に詐欺られた人っているの?詐欺を行う業者を徹底追跡した結果

お金のやり取りで不安なことといえば取引先に騙されてしまうことではないでしょうか?

どんな業種でも悪徳業者の存在はありがちになので、契約者は慎重になって取引先を選ばなくてはいけない時代になってしまいました。

資金繰りをするとなれば消費者金融での借入を思いつきますが、貸金業法が改正された今ではお金を借りたいからといって簡単に借金ができるわけではありません。

そういった状況から、クレジットカード現金化が知名度を広め始めたのです。

クレジット現金化はカードに付帯されているショッピング枠を使いお金に替えることができるのですが、金銭に関わることなのですが審査が要りません。

クレジットカードさえあれば誰でもできるショッピング枠現金化はネームバリューのある金策となったのです。

しかし、利用者が多いこともあり人のスキをつけこむ悪徳業者も増えてしまったこともあり、利用者検討者はうかうかして取引業者を決められません。

実際に、カード現金化で本当に詐欺られた人っているのでしょうか?詐欺を行う業者を徹底追跡した結果をお話しましょう。

カード現金化で詐欺に遭った人はいるの?

カード現金化で本当に詐欺られた人
総量規制が完全施行されてからは消費者金融での借入がままならなくなりました。

消費者金融で借入ができたとしても年収の3分の1までと規制されるようになりましたので、思うように資金調達ができなくなった人は多いことでしょう。

そういった事情からクレジットカードのショッピング枠を使って現金化をするようになった人は増えてきたのだと思われます。

クレジットカード現金化は最近になってできたものだと思われている人も多いですが、随分と昔からある金策です。

昔とは違ってクレジットカード現金化は来店しなくても、ネット手続きだけで取引ができるようになりましたので大変便利になりました。

貸金業法が改正されたのをきっかけにカード現金化の利用者は増えてきましたが、同時に業者も次々と出店されるようになったのです。

しかし、ネット上に新店が続々と登場する中、悪質現金化業者も紛れ込んでいるのは事実で利用者を脅かす存在となっています。

実際にカード現金化で詐欺に遭った人はいるのです。

カード現金化では詐欺を行う業者がいる

カード現金化で本当に詐欺られた人
どんな業種でもありがちな悪徳業者はクレジットカード現金化でも何食わぬ顔をしてネット上に潜めています。

店頭で取引を行っている現金化業者が詐欺を行えば警察に踏み込まれてしまうのだけなので来店型の店舗が大胆に詐欺をするなんてことはないでしょう。

一方、ネット上にある現金化業者ですと店舗所在地や代表者氏名などを公式ホームに掲載していない場合は悪質店である恐れがあります。

これは、申込依頼者を騙した後に被害届が出ても警察からの摘発を逃れるためだと想定して店舗詳細を提示していないのでしょう。

カード現金化では詐欺を行う業者がいることは事実でいろいろな手口で利用者を陥れているのです。

カード現金化である詐欺の実例

カード現金化で本当に詐欺られた人
クレジットカード現金化で取引業者に騙された人は年々増えています。

増加している現金化業者の中に悪質店の数が多いので遭遇してしまう可能性が高いのでしょう。

では、カード現金化で詐欺に遭った人はどんな手口で騙されてしまったのでしょうか?

カード現金化である詐欺の手口の実例をお話しましょう。

カード情報を詐取されてしまった

カード現金化で本当に詐欺られた人
クレジット現金化の取引ではカード名義人本人からの依頼であることを確認するため身分証は必須アイテムです。

どんな事情であれクレジット現金化をするときはカード名義人ではないと不正利用につながりますので他人が申出をしても契約をかわすことができません。

現金化詐欺業者はその他にもクレジット情報を請求し利用者にカードの画像までも利用者に送らせようとします。

クレジット現金化では取引業者にカード情報を何一つ教える必要はありませんので、どんなことがあっても口外しないようにしてください。

しかし、現金化業者にカード情報を詐取されてしまった人は大勢いて、巧みな口実につい教えてしまった画像を見せてしまった人がいますが、何があっても教えてはなりません。

換金率を一気に引き下げられた

カード現金化で本当に詐欺られた人
クレジットカード現金化の醍醐味といえば換金率です。

現金化業者が公開している換金率は店舗によって異なっていますので、少しでも高い数値のお店との取引を願うでしょう。

しかし、あまりにも高い換金率表示の現金化業者と契約する場合は警戒しないといけません。

高換金率表示を掲げている現金化業者ですとお取引の際、必ずといっていいほど手数料を理由に振込金額を減らします。

実質の換金率は20%以上も一気に引き下げられた人もいるのです。

現金化優良店を見分ける

カード現金化で本当に詐欺られた人
カード現金化で詐欺に遭った方の話を聞きますと無防備に取引に臨んでしまった人が大勢います。

カード現金化だからクレジット情報は必要とするもの、換金率は公式ホームに表記されている通りにできるなど、考えが浅はかすぎる人が多いです。

カード現金化の詐欺被害者は日を重ねることに増えていますが、どんな金策であるのかもっと知識を得るべきではないでしょうか?

現金化の優良店を見分けるには、先ほどお話した2つのことは最低限肝に銘じておかなければいけません。

それ以外にも注意点はいくつかありますが、カード現金化で詐欺には遭わないよう気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。