知ってましたか?現金化は来店しても取引ができますよ!

現金化は来店しても取引ができますよ!

グレーゾーンにも関わらずクレジットカードのショッピング枠現金化の利用者は年々増えています。

貸金業法が完全に改正されてからはキャッシングが思ったようにできないこともあり、クレジットカードで資金調達している人が多くなりました。

クレジット現金化はお金にまつわることですがカードのショッピング枠が残っていれば誰でもできるので、取引業者に審査されることがありません。

また、ネット手続きで資金調達ができることから来店不要で取引をすることが可能です。

知ってましたか?現金化は来店しても取引ができますよ!

都内の街中で見かけるカードでお金の看板は来店型の現金化業者が宣伝をしているのです。

クレジットカード現金化は来店してもできる

現金化は来店しても取引ができますよ!
クレジットカード現金化は、お金を用立てるまでネット手続きで済ますことができるので利便性があります。

現金化業者と取引をするには身分証を写メールもしくはFAXで提出しなくてはいけませんが、クレジットカードにショッピング枠が残っていれば誰でもできるので審査を必要としません。

年齢制限はありますが、職業や年収に関係なく本人名義のクレカと免許証明できる物があれば現金化はできるので専業主婦やフリーターの方でも利用することが可能です。

クレジットカード現金化はネットで取引ができるお店ばかりではなく、都内某所には店舗型の業者も存在しています。

クレジットカード現金化は来店しても取引ができるのです。

店頭で取引ができる業者がある

現金化は来店しても取引ができますよ!
首都圏各地でカードでお金の看板を見かけることがありますが、現金化業者が宣伝をしています。

来店型の現金化業者には、連日お金の工面のため訪れている人が多く店舗を構えている場所がオフィス街となっているので利用者はサラリーマンが中心です。

ネットでの取引ですと15時までに手続きを済ませないと当日中に現金を手に入れることができないので、アフターファイヴに立ち寄られている人が大勢います。

従来からある来店型の現金化業者が取り入れている方法は買取方式となっており、新幹線の回数券が対象品となっていることが多いです。

しかし、新幹線の乗車券は換金性の高い商品なのでクレジット決済で購入することはカードの利用停止にも繋がる危険性があります。

来店型はデメリットが多い

現金化は来店しても取引ができますよ!
店舗型の現金化業者との取引はネットで行うキャッシュバック方式と比べますとリスクが多く、危険と隣り合わせという訳です。

つまり、来店型の現金化業者との取引はデメリットばかりとなっています。

では、来店型の現金化業者の契約でマイナス要素は何があるのでしょうか?

換金率が低い

現金化は来店しても取引ができますよ!
先程もお話しましたが、来店型の現金化業者では買取方式を用いられており新幹線の切符を換金することで代金を手渡されます。

しかし、店頭に新幹線の回数券を持ち込んだとしても買取代金の額面はそれほど高く見込めません。

換金率で表しても85%位が最高数値となりますので低いと言えます。

同じ物を金券ショップや大黒屋などで転売すれば区間にも寄りますが90%以上で買い取ってもらうことができるでしょう。

また、新幹線の回数券で現金化をしようとしても高額のお金を手に入れることができません。

新幹線の乗車切符は換金性が非常に高いので、あまりにも高額のクレジット決済をしてしまいますと信販会社が不審がりますのである程度金額を抑えて買いませんとカードの利用停止になる恐れがあります。

それに比べてキャッシュバック方式の現金化は決済金額が高くてもカード会社に換金目的に使用していると悟られることがありません。

換金率をごまかされる

現金化は来店しても取引ができますよ!
来店型の現金化業者はインターネットで店舗の宣伝をしているお店もありますが、ほとんどが看板を出して客引きを行っています。

そのため、店舗の情報が公開されていないので取引内容が不明となっており電話で問い合わをして確認すれば良いのですが、看板には連絡先番号が記載されていないこと多いです。

店頭で現金化の取引ができるからといって安心してはいけません。

中には、換金率をごまかす現金化業者もいるようです。

来店するということはお金が必要な人と見られますので、現金化業者は何も説明もなく自分のペースで取引を進行し始めます。

そうなりますと、すべて手続きが完了してしまいますとクレジット決済が終わった後ですとキャンセルができません。

結果的に換金率も適当な数値を出されて使わなければ良かったと後悔してしまいます。

来店しなければいけない

現金化は来店しても取引ができますよ!
店舗型の現金化業者との取引は、当然のことですが来店をしなければいけません。

店頭で営業していますので限られた時間内に来店しなければ現金化ができないことも考えなくてはいけないのです。

忙しくてなかなか時間が作れない方ですと現金を用立てることが難しいことでしょう。

また、天気が悪い日ですと来店するまでが億劫になりやすいので、ネットで現金化ができる方が利便性を感じます。

土日祝日は定休日が多い

現金化は来店しても取引ができますよ!
クレジットカード現金化を考えている人は仕事が休みの日に手続きを済ませたいでしょう。

しかし、来店型の現金化業者は土日祝日は定休日となっていることが多いのです。

店舗所在地がビジネス街ということもあり、来店客が見込めないと考え週末は営業していないお店ばかりとなっています。

もちろん、中には年中無休で営業している現金化業者もありますが、定休日がないお店を見つけ出せたとしても場所が遠かったりするなど来店するまでに時間がかかってしまうでしょう。

来店型だからといって安心できない

現金化は来店しても取引ができますよ!
クレジットカード現金化は悪質店の存在がありますが、詐欺業者はネット型だけにしかいないわけではありません。

悪質現金化業者はキャッシュバック方式を行っているお店だけでなく買取方式の店舗にも潜んでいますので来店型だからといって安心はできないのです。

来店型は対面ができる分、安心仕切ってしまいますと騙されてしまうこともありますので少しでも不審な点がある場合は、すぐに商談は止めて退店してください。

店内の雰囲気やスタッフの接客態度が悪い場合はヤバイかもしれませんので用心して来店をすることです。

来店型の現金化業者は不便

現金化は来店しても取引ができますよ!
以上の4項目が来店型の現金化業者との取引のデメリットです。

店舗型ですと対面できると点がありますがネットで手続きを済ませることができるのであればどちらの業者で取引をしたほうが良いか一目瞭然ではないでしょうか?

来店型の現金化業者ですと不便に感じる人が多いでしょう。

しかし、ネットでやり取りができるキャッシュバック方式は悪質現金化業者が多いと言われていますから、取引業者の選定を間違えてしまいますと詐欺に遭うこともあります。

現在、クレジットカード現金化を商売にしているお店は大変多く店舗選びに悩まれることでしょう。

優良店ばかりで埋め尽くされているのであればまだしも、悪質店が多いクレジットカード現金化は考えさせられることが多いです。

ネット型、来店型どちらの現金化業者で契約を交わしたとしても悪質店に遭遇してしまっては元も子もありません。

クレジットカード現金化は来店での契約が原点となっておりますが、ネットが普及されてからはキャッシュバック方式が登場し、今では店舗が無数となりました。

どちらの方法で取引をするかは、その人次第ですが来店型の買取方式やネット手続きのキャッシュバック方式でも悪質店がいることは肝に銘じておかなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。